« [書評] 祝祭と漢字 「漢字百話」 | トップページ | [書評] 職業選択の自由 「13歳のハローワーク」 »

2004年1月13日 (火)

[書評] サムライと美 「武士道」と「ザ・ラスト・サムライ」

「武士道」 新渡戸 稲造 (著), 矢内原 忠雄 (翻訳)

ザ・ラスト・サムライ」を見た。ひさびさに「武士道」を読みたくなった。ハリウッド映画に日本の美がなんであったか、日本の武士道がなにであったかを、こんなにヴィジュアルにみせつけられるとは思っていなかった。この主演俳優であるトム・クルーズが撮影中にぼろぼろになるまで読んだというのが本書の英語でかかれた原著であるという。

国際連盟で活躍した新渡戸稲造は、本書によって広く世界に知られるようになったという。ブリティッシュコロンビア大学の新渡戸記念公園とライブラリーを訪問したときのことが思い出される。カナダという異国においても、現在にいたるまで新渡戸稲造の記念碑的な施設が十分に維持管理されていることに新渡戸稲造の遺徳の大きさを見た。

そして、今「武士道」がトム・クルーズや渡辺謙の姿を通じて世界の新たな世代にプレゼンテーションされたことに感動を覚える。世界の人々も「ザ・ラスト・サムライ」を見て本書を読みたくなってくれることを祈りたい。

しかし、新渡戸稲造が描いた独特のストイシズムに基づく日本人の美しさはどこへいってしまったのだろう。節制と恥じを基調とし、なにごとも完璧を求めた人の生き方としての美しさ、世代を超えた稲作による山河の美しさ、伝統的な着物や建物の美しさ。もし「ザ・ラスト・サムライ」と本書だけで日本を知った人が現在の日本を見たら、どのような感想をいだくのだろうか。


■参照リンク
[書評]マンガ日本の歴史43巻 明治の一揆  (HPO)
[書評]太平洋戦争 (HPO)
距離、時間、そして統治と戦争 (HPO)

|

« [書評] 祝祭と漢字 「漢字百話」 | トップページ | [書評] 職業選択の自由 「13歳のハローワーク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評] サムライと美 「武士道」と「ザ・ラスト・サムライ」:

» エドワード・ズウィック;ラストサムライ [Funk'n Blog]
なんだかラストサムライの話題がblog中どこそこあって、他人のblogをまぜくるtrackback用にentry。 個人的には、ラストサムライ、全くもって、駄... [続きを読む]

受信: 2004年1月24日 (土) 22時32分

» 温故知新から・・ [The evening star]
 すでに出つくされた話題ではあるけれど、思い出したように・・・。  トム・クルーズ主演の「ラストサムライ」が公開されてから、書店店頭で話題の本として、新渡戸稲造... [続きを読む]

受信: 2004年2月28日 (土) 23時48分

« [書評] 祝祭と漢字 「漢字百話」 | トップページ | [書評] 職業選択の自由 「13歳のハローワーク」 »