« 樋口さん | トップページ | [書評]ラテン語の楽しみ »

2004年1月23日 (金)

PDAから

今度は、PDAから記事を描けるかテスト。まあ、書けて、投稿できてあたりまえなん だけど。

しかし、(あえて名前はかかないけど)数年前からこのblogサービス とほぼ等価のサービスを私の知り合いが展開していた。しかし、もったいなくも昨年その事業からかなりの苦痛を伴って撤退した。ほん とにタッチの差だったね、いま考えてみると。ほんとうに商売ってちょっ としたタイミングとか、ネーミングとかで結果が変ってくる。あるいは、セールスプロモーションの仕方だけでなく広い意味でのマーケティングによって全然結果が変わってく る。マーケティングは、商売の梃子だといってもいいのかもしれない。片 一方の端に市場があり、反対側に資金だの、人材だのの会社のさまざまな 投入されたリソースが乗ってくる。梃子のあて方を間違うと力が入らない し、いれなくてもいい力をいれてしまうことにもなる。

この辺を現実の商売の中で実感し、実現していきたい。

■参照リンク 
PDAとしての携帯電話 (HPO)

|

« 樋口さん | トップページ | [書評]ラテン語の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDAから:

« 樋口さん | トップページ | [書評]ラテン語の楽しみ »