« 日本国憲法って穴だらけ? | トップページ | 二極化 »

2004年1月27日 (火)

サイレン

iso2022jpbmhskqjbcqtqlnsukjwwlcxsoqi5qcgc iso2022jpbmhskqkrmsnmktiqqngokjbsoqi5qcgc 「この警報灯が鳴った時は非常事態ですので、110番へ通報のご協力をお願いします」
最近、街が治安が悪くなっているのだなと、あらためて感じました。これはあるコンビニさんについていたサイレンと看板です。警備会社を頼んでいても、駆けつけるまでに時間がかかるし、警備会社では現場でコミットできることに限界があるようです。なんら、法的な特権を与えられているわけでもないすしね。ならばいっそ、という発想なのでしょうか?まあ、気づいても通報したりしる人すらいなくなってしまっているとしたら、これでもどうしようもないんでしょうけどね。

そうそう、これはもっと思いつきですが、10年くらい前にまだ景気の悪かったアメリカで、「職場暴力」(office abuseとかいったかな?)というのがだいぶ問題になっていたと記憶しております。あちらは、派手ですから、リストラしようとした上司を猟銃で撃ち殺したとか、かなりのものでした。ひるがえって、日本でも先日の運送会社の事件とかを思い出すと、海のむこうのこととはいっていられなくなったことを感じます。

治安をめぐるこの手の議論って、どうしても、「だから警察を強化せねば!」とか「法律の未整備が...」とかいう議論に陥りがちですが、実はこういう街の治安の悪化というのは、我々自身の問題であると自覚するところから解決の糸口がみつかるように思います。

と、昼間書いたのだが、さっきニュースで、警告射撃をした警察官が630万円あまりもの賠償を地裁で判決をうけたと聞いた。同様のことをする人が増えて警察が機能停止するのでは、とそれでも不安になった。やはり、自分の身は自分で守らなければならない時代がきている。

|

« 日本国憲法って穴だらけ? | トップページ | 二極化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイレン:

« 日本国憲法って穴だらけ? | トップページ | 二極化 »