« [書評]太平洋戦争 | トップページ | 情報装置としてのブログ »

2004年2月27日 (金)

[書評]歴史劇画大宰相

歴史劇画大宰相 第1巻 さいとう たかを, 戸川 猪佐武 著

マンガで学ぶ歴史ということでもう1冊。下書きでお蔵入りしていたのを復活させてしまおう。まあ、これも書評というより感想レベルだな。

歴史のレンズの比喩を再度使わせてもらう。今度は、ちょっとレンズが近すぎる。石ノ森章太郎の信長、秀吉あたりを扱った巻のときは、ちょっと遠すぎてピンぼけしている感じがした。これは、逆にマンガというメディアでは、ちょっと荒すぎる。やっぱり、原作にあたらなくてはだめだと感じた。この本だけでは、吉田茂がどういう動機で動いたか、どういう判断をくだしたかが現れてこない。信長や秀吉なら、結構歴史というフィルターが余分な、いらない行動やエピソードを省いて、かなり詳細に語ったとしてもきちんとその像が写ってくる。吉田茂では、マンガでは粒子があらすぎるようだ。

しかし、ここで問題にすべきなのは、占領軍の統治下で宰相をやるということがどういうことなのか、いかに日本が徹底的にアメリカにコントロールされていたのか、どれくらい我々の父祖が貧しい生活を耐え忍んできたか、そういったことを学び取るべきであろう。

また、戦後の混乱期で政治家というものが、何を目指してきたのが、どうして自民党を作らねばならなかったのか、そういう事実をまなんばないと、ほんとうのいまが見えてこないのだなと一人で納得している。

|

« [書評]太平洋戦争 | トップページ | 情報装置としてのブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評]歴史劇画大宰相:

« [書評]太平洋戦争 | トップページ | 情報装置としてのブログ »