« 情報装置としてのブログ | トップページ | 大絶滅を生き延びた我らの先祖のために »

2004年3月 5日 (金)

景気、消費税、そして生活の楽しみに関するメモ

今日、仕事で人と会った。仕事の用件自体よりも以下のような話題でもりあがった。興味深かったので、メモを残す。案外30代くらいの我々の世代の共通の意見ではなかろうか?

・消費税はあんがい公平な税制だ。所得税、保険料、年金負担がもっと軽減されるのなら、15%、20%とあがってしまってもいい。

・賞与も額面が多少改善されても、総所得方式で課税されるし、年金や保険なども賞与からとられるようになって、手取りで全然あがらない。むしろ、可処分所得はさがっている。

・ヨーロッパのいくつかの国のように、年収ベースでははるかにひくくとも、実に生活をたのしんでいる。この裏には、政府のきちんとした住宅政策や年金政策、税金政策がある。なぜ日本ではそうできないのか?

・景気は確実に上昇している手応えを日々の仕事のうえでも感じている。もし、腰砕けになるとすれば4月1日からだしぬけにはじまる内税方式等、いらない日本政府、地方政府の行政と政策のあやまりだ。

・小泉首相も、改革だと連呼するのはいいが、官僚が改革を利用してむしろ権限を拡大し、一般のサラリーマン等には住みにくい国にしている。もうかわらなければいけない時期が来ている。

・自民と対抗する軸であるべき民主党の最近のていたらくは実になさけない。民主党は、中部地方を軸としてジャスコとトヨタを背景にしている利点をもっといかすべきだ。政権を担当できるだけの本当に実力がほしい。

・景気の拡大とともに、いろいろな面での二極化はますますすすんでいる。製造業が強くて景気をひっぱっていて、いわゆる「太平洋ベルト地帯」が確実に回復してきている。しかし、業界の寡占化による価格上昇、技術の伝承の問題等、長い目での不安要因がある。

ひとつひとつもっと深めるべき問題だが、いったんこのままアップする。おいおいひとつひとつ考えていきたい。

|

« 情報装置としてのブログ | トップページ | 大絶滅を生き延びた我らの先祖のために »

コメント

こんにちは。
へっぽこblogにもお越し頂いてどうもありがとうございます。
ご想像通り、千葉在住でございます。一つ違いという事ですが、ひできさんの文章読んでると、あまりに考え無しの自分が恥ずかしくなります。^_^;
何にせよ今後ともよろしくお願いしますね。

消費税増率に関しては、他の税率等を考慮することを前提に僕も賛成です。ただ、問題は国政そのものに対する信頼感が薄れている(というより無いのか?)事だと思うんですね。税金の使用用途の不透明感に対して何らか国が意を示さない限り、財源を見直したとしても、やはり国民としては安心ができない。ここ数年情報公開という流れにはなっているものの、大きな改革をするしないに関わらず、こうした部分の改善にももっと取り組んで頂きたいものだと思います。

投稿: nim | 2004年3月 7日 (日) 10時27分

nimさん、

コメントいただきありがとうございます。ブログの楽しみって、かなり意外な人間のつながりに出会えるということですよね。うれしいです。

消費税の問題について、案外みんな同じような考えでいるのでは?と感じております。あんまり、声にださないだけで...私もnimさんのおっしゃることに同感します。ただ、政治家に対してはまったく期待できないし、これからもだめなんじゃないかなと思っております。それに、いまの日本をますますだめにしているのは、惰性に流されている官僚集団であると私は考えております。そこで、実質考えられるのは公務員の方にもっと緊張感をもって仕事をしてもらうことがとても大事なのかな、と。それで、憲法を探すとあるじゃないですか、15条に!

http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/02/post_9.html

誰でも彼でもということでもないし、陶片追放みたいになってもつまらないですが、やっぱりこういうことが実行可能だし、実効的に日本の政府がかわっていくのでは?と、思っております。なんか長くなってすみません...

投稿: ひでき | 2004年3月 7日 (日) 10時37分

いえいえ、長文大歓迎ですよ。(笑)
そもそもひできさんのサイトなんで、もう存分に長文にしていただいてかまわないんじゃないかと。
さてさてそれはさておき、政治不信の話ですが、一方、地方の政治という意味では最近日本も変わって来ていますよね。そういう例をみれば完全に政治に対して悲観的になりすぎるのも早いのかもしれません。要は国政の問題なんでしょうね。
税の使用用途については、一部で議論されていたのを読んだ覚えがありますが、自分が納めた税金の一定比率の税金の使用用途を国民自らが選択できるような制度の導入等が出来ると面白いかもしれないと思っています。まずは、市政、県政レベルでしか導入できないでしょうが、そんな政治が実現出来れば徐々に国政も変わって行くかもしれない。なんて事を考えたりします。

投稿: nim | 2004年3月 7日 (日) 19時50分

nimさん、

またまたありがとうございます。政治の問題はいいたいこといっぱいあります。いま、稿をあらため準備してきちんと御話します。もうちょっとまってくださいまし。

投稿: ひでき | 2004年3月 8日 (月) 14時19分

nimさん、

書きました。↓私の名前のところにリンクしてあります。お読みいただければ幸甚です。

投稿: ひでき | 2004年3月 9日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景気、消費税、そして生活の楽しみに関するメモ:

« 情報装置としてのブログ | トップページ | 大絶滅を生き延びた我らの先祖のために »