« エージェントスミス的なもの、草薙素子的なもの、あるいは、ネットは世界をつなげるのか? | トップページ | 恒久平和 »

2004年4月25日 (日)

魔女たちとの日曜

ピッチからの投稿
apr25_1212.jpg
今日は御縁のあるかたの手芸のサークルの展示会におじゃましました。トールペインティング、パッチワーク、陶芸、園芸など実に多彩で、できばえもよくプロはだしの作品がめじろおしでした。私のように手先の不器用なものにとってはまさに魔女がまほうを使ったとしか思えないほどです。



当日 18:50 フォロー

今日は、ひさしぶりに文化的な午後だった。昼まえに展示会、午後は市民コンサート。展示会は、前述の通り。午後のコンサートは全然期待していなかったにもかかわらず、よかった。今回の指揮者はオーケストラのパートの最高のパフォーマンスを引き出していたように感じる。

いずれのイベントも経済的な欲求、人間の生存欲求というだけでは、決して説明できない行為だ。どちらも手間ばかりかかって現代の日本では決して採算はとれない。それでも、展示会を実行した手芸サークルの女性達にしろ、市民オーケストラに参加している方々にしろ、本当に真剣にイベントに臨んでいた。これもフランシス・フクヤマの言う気概の一端なのだろうか。どちらも、私には認知を求める欲求の手ごたえがあるように感じらる。

人間の活動の経済的でないすべてのことは、単に再生産のために必要なのではない。我々は疲れをいやして、再度クリエイティブになって、労働にのぞむためだけに文化的な活動をするのでは決してない。認知を求めるために、差異をつくること。自分のベストを尽くし、命をかけて闘い勝ち取る認知の価値というのは、どれほどのものなのだろうか?

気概、そして、個別化、個性化、これらの経済的・生存欲求的なものだけでは説明できないのものが、文化であろう。リクリエーション、レジャーというのは、再生産のためだけにある、なんていったやつは豆腐にあたまぶつけちまえ。

|

« エージェントスミス的なもの、草薙素子的なもの、あるいは、ネットは世界をつなげるのか? | トップページ | 恒久平和 »

コメント

こんにちは

>経済的・生存欲求的なものだけでは説明できないのものが、文化であろう

たしかにその通りだと思います。

で、世界中の軍事関係者を何でも良いのですが、そう、手芸などのクリエーターやミュージシャンに変換させる魔法あるいは薬があったら楽しいだろうになぁー、と思う今日この頃。折角の一度きりの人生、もっと楽しく生きることを考えればいいのに。でも今の戦争を指導している人って、ひょっとしたら、経済問題というのは大義名分で、戦争自体が楽しくて、生きがいでやってるのかも知れぬ、などと今、思いました。

投稿: it1127 | 2004年4月26日 (月) 11時49分

it1127さん、

いつもありがとうございます。

本当にそうですね。でも、どうしても巨大なパワーというものは成立してしまい、ゆきまろげのように膨れ上がる力は押しとどめられないんですかね。御金持ちほどお金にしっかりしているみたいな...欲望が欲望を生むのでしょうか?

ただ、そういう魔法って実は「寛容」なのかなとか思っております。認知を求める欲求とこころがあるなら、それを受け止める欲求とこころがなければならないはずです。

ええ、これはまだ構想中なので、また稿をあらためて...

追記 あ、あ、あ、そういえば「見性成仏」教えてくださいましぃ。

投稿: ひでき | 2004年4月26日 (月) 12時18分

こんばんわぁー
>「見性成仏」
十数年まえになりますが、「禅」に興味を持ちまして、総持寺(横浜・鶴見の)の日曜参禅会に3回ほど通いました。
3回という数字が物語っているように、それほど「見性成仏」に興味はなかったようです。思うに「セックスによるエクスタシー」の一万倍くらい気持ちの良い精神状態を想像しています。真面目な答で、どうもすみません(笑)

ところで、一つ前のエントリ「スミス的なもの~」は素晴らしい。参照を含めて、刺激的で、示唆に富んでいて、この辺の話はぼくも非常に興味があります。昔興味を持ちましてしばらくお休みしていましたが、またチョット追及してみたくなりました。自分にとって一つの大きなテーマになりそうです。インターネット環境もどんどん新しくなっていますし。技術的な面ではもうついていけませんが(笑)

それから、記事で対照的に参照されていた話題の二つ三つの映画って、そういう話だったんですね。大いに勉強させられました。
なにせ、ここ6年間の情報がほとんど欠落してしまった人間なので空白を埋めるのに今必死です。

さらに、この記事に関連した記事は、いずれ書こうと思っています。もっとも、この記事以上に素晴らしい記事は書けそうもありませんが、まぁ、素晴らしくない記事でも存在できてしまえるところがネットの良さでもあるわけですから、それを口実に何か書こうと思っています。

投稿: it1127 | 2004年4月26日 (月) 20時21分

miyakodoさん、

ありがとうございます。一応、やりすぎかもしれませんが、セキュリティーのためコメントは削除させていただきました。後ほどチェックください。ほんとーにありがとうございます。

投稿: ひでき | 2004年4月26日 (月) 21時52分

it1127さん、

こんばんわ。いやあ、とんでもないです。自分の筆力のなさをほんとうになげいている記事です。あ、でもコメントで寄せていただいたhttp://morutan.blogtribe.org/">m_um_uさんのhttp://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/04/post_15.html#c199991">情報が良かったですね、ほんとに。m_um_uさん、仕事の最中にまで情報をいただき、本当にありがとうございました(笑)。

いつのまにかhttp://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/04/post_15.html">SFな記事になってしまいました。えへへ、実はSFっぽい材料からスタートして、現実にまで落としてくるという構想で書いたのですが、結果は...現実世界に帰って来れなくなっていました。ぐすん。

そうですか、セックスの1万倍ですか。うーん。ちょっとナルホドと思っています。

実は、いま私は現在進行形で禅に通っております。一応、あの...恥ずかしいのですが、槍が飛んできそうですが、本サイトのサブタイトルは道元さんのことばからとらせていただいております。ついでにちょっとサブタイトルをクリックしていただけると、it1127さんならご存知のことばが出てきます。

ああ、これ以上書くともっとカミングアウトしてしまいそうなので、この辺にしておきます。

なによりhttp://it1127.cocolog-nifty.com/it1127/">it1127さんの記事を楽しみにさせていただいております。「サイバネティックスSFの誕生」面白いですね。哲学の歴史的な展開についての記事もいつも読ませていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ひでき | 2004年4月26日 (月) 22時19分

it1127さん、

あの...もっと書こうとおもったら、子供に電気を消されてしまいました(実は子供部屋でいま書いていました。PCが子供部屋にしかない。)。おやすみなさいまし...

もっと、書きたかったのに、いぢわるぅ...ああ、親子が逆転していく...

投稿: ひでき | 2004年4月26日 (月) 22時53分

横やりすみません。
いや、あの、子供部屋にしかPCが無いってのが先日、本人にお会いしたばっかりなのであまりにおかしくて^_^;
ひできさん、かわいいす、それ。(笑)

投稿: nim | 2004年4月27日 (火) 00時00分

nimさん、こんばんわ、

昨日を反省して、今日は仕方なくダウンコンバータというのですか、PCをTVにつないで、このコメントを打っております。家人はもうベッドの中で深い眠りの中のようです。

すんごい文字がみえにくいのですが、1本くらい記事のネタを書いて見ようと思っています。とりあえず、おやすみなさいまし...

投稿: ひでき | 2004年4月28日 (水) 00時09分

私なんかは自分の自然にしていると起こる活動をどうしても経済活動に結びつけることのできない人間として最たるものなので、もし人間が経済的な欲求や生存欲求だけで存在しているとすると、私などは大いなる無駄というか矛盾した存在になってしまうので、もともと自分がこの世界に存在することへの苦悩というかそれはその辺にあるんだなと感じました。

ほんと、私のような人間は単なる資本主義社会だとかなり生きにくいのかもしれません。アートで生活するのに苦労している友人たちももれなくそうですね。

しかし、それを何のためにやっているのかと言われると「私には認知を求める欲求の手ごたえがあるように感じられる」とお書きになっていましたが、私にとっては「そこに山があるから」に近い気がします。認知を求める欲求は二の次というか、気がついたら表現しているというのが一番最初にくるのでは、と感じます。その次に認知欲求がきて社会と繋がれて嬉しいってことなんでしょうかね。

投稿: Hiroette | 2004年6月11日 (金) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔女たちとの日曜:

« エージェントスミス的なもの、草薙素子的なもの、あるいは、ネットは世界をつなげるのか? | トップページ | 恒久平和 »