« あなたは誰? | トップページ | [書評] リンクと力:ウェブ上でリンクすることの政治経済学 »

2004年5月14日 (金)

[書評] オンラインゲームの中の仮想通貨の分析

(以下、モブログによる投稿)

[書評]オンラインゲームの中の仮想通貨の分析 by 山口浩さん
原題:An Analysis of Virtual Currencies in Online Games


昨晩、遅くに山口浩さんからトラックバックを拙稿「見えない自由...」にいただいた。今朝、楽しみに記事を読ませていただいた。そして、私のネット技術の未熟で参照できなかった上記記事論文を送っていただきいま(*1)読み終わった。

最近、感じている縁の不思議さを感じた。実は、トラックバックをつけていただいた記事もオンラインゲームを見ていて感じた経験がもとになって書いた原稿だった。そして、山口浩さんの論文も、拙稿も、めざすとろこはかなり近い点にあると感じた。ただし、立場はかなり違うと思われる。愚考するに、山口浩さんは経済学のリサーチャーであられ、その立場から書かれている。私は私の立場、つまり、ネットの上での情報などの交換によって得られる要求の満足ということ、から発想している。

前半の計量経済学(?)的な議論には完全にはついていけないが、時間が決定的な要素だということは読みとれた。ネットの上ではどのようなアイテムにしろ、言論にしろ、感謝の表明にしろ、どこかの大容量記憶装置のデータが変化したにすぎない。これは、リアルの経済価値でいえば限りなく0に近い変化しか引き起こしていないということだ。ビジネスの観点から言えば、変動費の中の原材料費が0、労務費がかぎりなく大きい。そして、この生産力は参加者のネットにおいて使う(消費する)時間の総量に規定される。生産量全体からみれば、昨今のPCの低価格か、大容量回線の固定費により、固定費も限りなく0に近くなるだろう。そして、その価格は、情報や言論、感謝などをうけとった側の精神的な満足ではかられる。

ちょっと論をいそいでしまったが、ゲームの参加なり、言辞の交換なりに、参加している人は、参加して「rare item」(希少アイテム)を得て、私の言葉で言えば認知への欲求を満たすことが目的なので、どんどん自分の持つリソースである時間をこのゲームに投入していく。数式は必ずしも理解できなかったが、どんどんアイテム等がゲーム世界にあふれ、一アイテム、一アイテム毎の価値は下落していく、ということがグラフで示されていた。私は、これをインフレーションと呼ぶのかと思っていたが、どうも違うようだ。

この後に続く地域通貨との比較の議論を通って、こうして論文の最後の部分の議論であるネット上での通貨、交換、ゲームが、我々にとって持つ意味への議論につながっていく。別の記事で私が書いたフランシス・フクヤマの「最後の人間」と引き比べてしまってよいのか、より精度の高い議論をすべきであるが、山口浩さんは、ここでリアルの世界で生存条件が整っていれば、組織、団体に対するローヤリティーが失われ、別の価値軸が必要になるとしている。

ここにおいて、まさに私のつたない議論と山口浩さんの議論が交差点をもつことになる。そして、ここから山口浩さんと議論を進めたいポイントに立つことになる。

今後の議論につなげていくために、拙稿を書いた時のもうひとつのことばについて書いて一旦本稿を閉じたい(もうすぐ電車が目的地につくので...)。交流分析という精神分析の一分野がある。この分析においては、しぐさ、ことば、表情などで伝えられ、交換される「ストローク」というものを重視する。相手に触れる、相手に親愛の情を示す、相手に感銘を与える言葉をあたえる、すべてストロークだ。興味深いのは、負のストロークの存在だ。どうしても精神分析では、親子関係の分析がベースになるのだが、負のストロークは、親から関心をもたれたいがために、病気になったり、いたずらをしたりする認知への欲求の行動だ。この行動をどこまで「通貨」としてとらえうるかが、拙稿の眼目であった。

■注
*1
冒頭に書いてあるように、この記事は本日(平成16年5月14日)12:30頃モブログで投稿した。いま(5月15日午前1:10)これを訂正している。トラックバックをすぐに、山口浩さんに打てなかったのが悔しい...非常に興奮しながら、山口浩さんの論文を読んだ。

■参照リンク
ネット通貨としての「認知」  by 山口浩さん
ネット通貨としての「認知」:修整  by 山口浩さん
ネット通貨としての「認知」:さらに修整  by 山口浩さん
あなたは誰?

|

« あなたは誰? | トップページ | [書評] リンクと力:ウェブ上でリンクすることの政治経済学 »

コメント

論文にていねいなコメントをいただきありがとうございます。たいへん参考になりました。問いかけをいただいたので、以下私の考えを述べます。

交流分析におけるストロークの交換は、1対1の行動と理解していたのですがちがいますか?1対1のやりとりを前提とすると、貨幣のニーズは著しく低下します。そもそも貨幣は、物々交換における交換相手の探索コストを減らすために共通の価値をもつ品を媒体としたのが始まりなわけで、多数の参加者による多様な品目の交換がその前提にあります。

たとえばAさんはリンゴをもっていてジャガイモが欲しい、Bさんはジャガイモをもっていてバナナが欲しい、Cさんはバナナをもっていてリンゴが欲しい、といった状況のとき、物々交換ではA、B、Cの3人が同時に同じ場所で出会わないと取引が成立しないのに対し、3人共通に価値を認めるハマグリを通貨とし、それぞれがハマグリを通じて取引を行えば、時間、場所の制約がなくなり、交換がスムーズに成立します。

交流分析におけるストロークの交換は、あるコミュニティの中でランダムに行われるのでしょうか?たとえばAさんから認知を受けていい気分になったBさんが、Cさんに対して認知を送り、それでBさん本人としてバランスがとれた、といった具合です。確かにこういうやり取りも、閉じたコミュニティの中では成立するのだと思います。よく田舎の人は人情深いといいますがこういうことですよね。もしこういうことがいえるのであれば、ストロークは①交換の媒体にはなった、ということかもしれません。

これが貨幣かということになると、「貨幣」の定義によるわけですが、②価値の基準、および③価値の保存手段を条件とするなら、ストロークを貨幣としてみるのは難しいかもしれません。Bさんがblog上でAさんから受けた肯定的なコメントと、BさんがCさんのサイトに掲載されたイラストを気に入って自分のサイトにとりいれる行為は、同じ価値なのかちがうのか?あるいは、Bさんが過去にCさんに対して認知を与えたとして、それを使って1年後にAさんに対して認知を求めることができるか?

問題は、認知の価値に対する考え方が他人と共有できるか、ということなのかもしれません。田舎のような「濃い」コミュニティをネット上に構築できれば(オンラインゲームでは、ルールでそれを作りだしているわけです)、その問題は気にしなくていいのですが、必ずしもそうでない場合、どのようにするか?

もちろん、ストロークが貨幣でなければならないという理由はありません。ひょっとしたら、ネットの時代は、貨幣の時代から新たな物々交換の時代へと移り変わる過渡期なのかもしれません。何せネットの特徴は探索コストが圧倒的に安いということですから。

私のほうでは、認知の交換がそれかどうかは別として、ネットの世界で独自の通貨単位を必要とするケースがあるのではないか、というのが主張です。現実通貨を持ち込むとすぐに課税の問題、国際間の管轄権の問題などがからんできますので。私も、正直なところどう考えればいいのか、まだ整理がついていません。あまり話を大きくしすぎるのはかえって危険かも、という気もしますし。

ともあれ、非常に面白い考え方で、たいへん参考になりました。ありがとうございました。

投稿: 山口 浩 | 2004年5月15日 (土) 10時28分

山口浩さん、こんばんわ、

ネットの上の、ご指摘のとおり「田舎」が築けるのかどうかというのが、まさに私にとってのポイントです。いま、まさに山口浩さんと私が、ここで、ネットを通して意見を交わさせていただいているように、これからのネットは、その比重に応じてというか、N極かS極に惹かれるようにというか、その方、その方に応じた「田舎」が形成され、1対1ではないかもしれないけれども、ほかの「田舎」では通用しないかもしれないけれども、「田舎」では通じる、一定の価値のユニットが存在しうるかもしれない、というのが、私の予測です。

そう、私たちはあまりにもいま、ここに制約されている存在なのです、きっと。

多人数のゲームでも、1対1のゲームでも、そう、たとえばチェスとか、でも、一定のルールを守ることを約束した、あるいは、お互いにルールを守ることを期待しあうことができ、そして、結果的には互いに信頼しあうことができるプレイヤーによって構成されているわけですよね。では、ゲームと呼ばれようが、呼ばれなかろうが、ルールを守る一定の領域内、一定のプレイヤーの間に存在するプレイヤーを期待しうる、であろうと。

その一端を、近々に書きます。

今日はホテル泊まりなので、あまりにもキーボードがつかいづらいので、この辺にて失礼いたします。

トラックバックもありがとうございます。

おやすみなさいませ。

投稿: ひでき | 2004年5月15日 (土) 22時34分

Tiffany and co

投稿: joyl | 2011年3月25日 (金) 20時24分

[url=http://www.charms-charms.com]Tiffany[/url]

投稿: joyl | 2011年3月25日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14173/592763

この記事へのトラックバック一覧です: [書評] オンラインゲームの中の仮想通貨の分析:

» An Analysis of Virtual Currencies in Online Games (オンラインゲームの中の仮想通貨の分析) [Virtual Worlds Update Japan(仮想世界通信)]
Hiroshi Yamaguchi 2004). "An Analysis of [続きを読む]

受信: 2004年5月15日 (土) 20時35分

» 慶應SFCで利用されるグリー。BIG BUSINESSの可能性。 [KENSTYLE BLOG]
こちらより。 BLOGとSNSの連携。 SFCの学生の間で、ソーシャルネットワーキングサービスが爆発的に普及している。 [続きを読む]

受信: 2004年5月16日 (日) 18時46分

» 「苦情」市場? [H-Yamaguchi.net]
福井商工会議所は5月17日、さまざまな商品やサービスに対する苦情を集め、商品の改 [続きを読む]

受信: 2004年5月18日 (火) 09時39分

» ゲームセカンドライフ内の土地 [セカンドライフとセカンドライフゲームの紹介]
セカンドライフ内の 土地SecondLifeの大半の行動は土地単位で制御がなされる。陸地だけではなく水面も含まれる。一部の公式用地を除いて、全ての土地はユーザの所有物であり、それらユーザによって行動が制限されることがある。ユーザ所有の土地の中にも限りなくパブリックに近い土地があるが、いずれの場合のおいても規約に反しない限り、その土地の所有者による方針が優先される。 面積の単位土地はsqm(平方メートル)を単位として呼称され、土地の広さの最大値は65,536sqmである。最大値...... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 08時52分

« あなたは誰? | トップページ | [書評] リンクと力:ウェブ上でリンクすることの政治経済学 »