« 「べき乗則とネット信頼通貨を語る夕べ」を超えて | トップページ | 公的年金に財産権は実在するか? ~The Heart of the Matter~ »

2004年8月31日 (火)

共通一次世代とBlogShares

Listed on BlogShares

madai01さんから、blogshareというサイトを教えていただいた。これは、ブログのサイトを企業に見立てて株式売買をしようというサイトらしい。ここで自分のHPOが「上場」されていると、maida01さんが教えてくれた。なんと「B$6,264.72」もの評価(valuation)の金額がついていた。ちなみに、自分が見た中日本のサイトの中でやはり価値(valuation)が高かったのが、木村剛さんの「週刊!木村剛」で、「B$61,467.69」もの評価(valuation)がついている。私のブログの評価(valuation)の10倍だ。

こうやって数字で比べられると止まらなくなるのが我々共通一次世代だ。がぜん火がついてしまった。どうもこの仕組みを見ると、「価値のあるサイトからリンクされているのが、価値のあるサイトだ」という例によってPageRankに近い考え方で価値づけされているらしい。自分のブログの「Top 100 Incoming Links」をみると、自分がもうひとつやっているサイトからのリンクがどうも評価の大きな源泉になっている。

ということは、いくつかの戦略が考えられる。

例えば、自分で別なサイトをたちあげ、相互にリンクさせる。これは、誰にも迷惑をかけずに実行できるが、自分自身が大きなポイントを持っているのでなければ大きなイントアップにはつながらないように感じる。もしかすると、複数サイトをもっていればひとつのサイトから別の自分のサイトへのリンクを張ることによりポイントの高い別サイトを作り、そこからまたリンクを張ることで自分の元のサイトのポイントをあげるというマッチポンプ戦略が考えられる。だが、たぶんPageRankのような行列を使って価値評価をしているのだとすれば、これはあまり効果がないはずだ。

やはり、王道をいくのはいくつもリンクをもっている人に頼んでリンクしてもらうという方法だろう。多分、自分のサイトがBlogShareに載せてもらったきっかけと思われる以前トラックバックを送ったjill/txtの論文にも書いてあったように、企業などのサイトでPageRankをあげるために、人気サイトのリンクが売り買いされているのだという。あるいはグーグルで任意に作った単語の検索で一位をとった方の戦略がそうであったように、これが一番手っ取り早いのかもしれない。自分で非常にPageRankのポイントの高いサイトなどもっていたら最高だろう。

[書評] リンクと力:ウェブ上でリンクすることの政治経済学 (HPO)

もうひとつすこしcheatな方法も考えたが、これは人に迷惑をかけかねないので、あえて書かない。

そうそう、それにこの記事を書いたら評価が高く、かつblogshareについて書いてあるサイトにトラックバックするというのも一つの方法かもしれない。ふふ、さっそくやってみよう!

それにしても、これは当分楽しめそう...Amazonの書評書きにはまって以来の「共通一次世代」的興奮を覚える。

■参照リンク

BlogShares by きゃーさん
BlogShares by dhさん すごい、2003年4月の記事!
BlogShares で自サイトの株価を調べる by purpleさん
Blogshares - Virtual Stock Market in Blogs by Nobuさん

■余談 平成16年9月1日

実は昨日のうちに作っておいたのだが、BlogSharesで高位にランキングされているBlogDriveで自分のブログを創ってみた。

HPO BlogDrive

当然、ここから自分のサイトへリンクをはってポイントを稼ぐのが目的。Purpleさんのコメントだと、どうもリンクをつけただけでは株価はあがらないかもしれないし、評価(valuation)にどこまで効果があるかわからない。それでも、「やってみる価値はある」("it's worth to try!") といった感じだろうか?

しかし、我ながらよくこんな下手な英文を書いておいて公開する気になると、自分の厚顔無恥ぶりにあきれる。「目的のためには手段はえらばない」というのも共通一次世代の特徴なのだろうか?(笑)

■報告1 平成16年9月5日

お陰様で評価(valuation)があがった。
   General
   URL http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/
   Valuation B$7,120.97

しかし、もうひとつのサイトの方が大幅に評価ダウン。ついでに、評価対策で開いたつもりの英語のブログの評価も値下がり中。なかなか難しい。もう少しトライをつづけたい。

|

« 「べき乗則とネット信頼通貨を語る夕べ」を超えて | トップページ | 公的年金に財産権は実在するか? ~The Heart of the Matter~ »

コメント

TBありがとうございます。
HPOさんの記載した数値は株価ではなくトラフィック値です、
実際の評価額は残念ながらB$1.52。
「週刊!木村剛」はB$1,493.48で、1000倍ですね。
ちなみに、日本の個人経営のBLOG最高値は
「崎山伸夫のBlog」さんで http://blog.sakichan.org/ja/">http://blog.sakichan.org/ja/
B$26,158.64 ですよ。
自分で、自株を買って値をつり上げてみたら(笑)
とにかく、楽しんでください。

投稿: purple | 2004年9月 1日 (水) 01時49分

purpleさん、こんばんわ、はじめまして、

昨晩は、突然トラックバックさせていただき失礼いたしました。

「評価」="valuation"と思って書きました。しかし、表現がたりませんでした。もうしわけございません。

http://www.blogshares.com/manual.php#intro">http://www.blogshares.com/manual.php#intro

↑の解説に「Blogs are valued on the basis of their incoming links and add value to the market by linking to other known blogs.」(試訳:ブログは、それぞれに来たリンクに基づき評価され、他の既知のブログにリンクすることにより市場に価値を付加する。)とありました。しかも、それぞれのリンクの持つ価値が違う、うんぬんということが書いてあるように私には思えました。

ご指摘のように株価はBlogShares上の売買によって決まるようですね。株価対策はおいおいやっていきます。記事も「評価(valuation)」と明記します。

ありがとうございます。これからもぜひご指導ください。

投稿: ひでき | 2004年9月 1日 (水) 22時21分

当Blogもblogshareで販売中ですね。現金化の暁には新橋のガード下でおごってください。
Blogも当って売れると面白いですね。本当のベンチャーのようになると面白いな。Blogshareの狙いですね。

投稿: maida01 | 2004年9月 1日 (水) 23時19分

はじめまして、リファラで来ました。

私のサイトの値が高いのは、私が使ってるblogツールのb2evolutionの改良に一時期参加していたために、標準で配られるパッケージで初期状態のblogroll(内部状態ではblogとして作られている)に私のサイトが入っているためでしょう。

お試しでインストールして放置されてるblogが、確実に値を引き上げているような雰囲気です。

投稿: 崎山伸夫 | 2004年9月 2日 (木) 02時41分

maida01さん、こんばんわ、

その節には、ぜひぜひ!新橋といわず、六本木か赤坂あたりで...

でも、真剣に、驚異的な数のサイトからリンクされ、爆発的なアクセスがあるサイトがあれば、その先にリンクされているサイトのPageRankがあがってグーグルで上の方に表示されるそうなので、マーケットがあるらしいですよ。多分、BlogSharesはその辺を知っていて御遊びしましょ、って感じなのではないでしょうか?


崎山伸夫さん、はじめまして、こんばんわ、

それは、ほとんど究極のSearch Engine Optimizationですね。↑に書いたように真剣に今後崎山さんのサイトからのリンクが取引の対象になるのではないでしょうか?他サイトのグーグルでの順位を押し上げるのは、崎山さんにとっても造作ないことかと感じました。実証されたことはおありですか?

すばらしいですね。

投稿: ひでき | 2004年9月 3日 (金) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共通一次世代とBlogShares:

» BlogShares [Tinkle-Tinkle]
 HPOさんのところで、“ブログを株式に見立てて売買するサイト”というのの紹介をしてました。  HPO:個人的な意見 ココログ版: 共通一次世代とBlogSha... [続きを読む]

受信: 2004年9月 1日 (水) 01時18分

« 「べき乗則とネット信頼通貨を語る夕べ」を超えて | トップページ | 公的年金に財産権は実在するか? ~The Heart of the Matter~ »