« 手塚治虫と心中物 ~when a man loves a woman~ | トップページ | 街頭ジャズ »

2004年9月 9日 (木)

石井美鈴さんとお会いした Be At NCA

ある異業種交流会でNCAコンサルティング社の代表であられる石井美鈴さんとお会いした。「お会いした」、といっても石井さんの3分ほどの短いスピーチを拝聴させていただいたのと、名刺交換させていただいたときに一言、二言言葉を交わさせていただいただけなのだが、すっかりファンになってしまった。

石井さんは、全国の2500名以上の主婦の方とネットワークを組んで、企業からのアウトソーシングや、マーケティングなどのさまざまな仕事を受注し、主婦の方の在宅勤務などにつなげることを仕事としておられるのだそうだ。すばらしいのは、人と人を「つなげること」自体が十分にビジネスになるということを身を持って立証されているところだと感じた。

(私)「NPO法人が内閣府の認可ってすごいですね。」
(石井さん)「こういう手続きもすっかり主婦の方がやってくれたんですよ。」
(となりにいらした方)「NPO法人の美@NCA(ビアンカ)という名前がいいですよね。」

と、言われて気がついたのだが石井さんのNPO法人の名前は「美@nca」=「Be At NCA」つまり石井さんの会社であるNCAやってこう、いっしょにやってこう、美しくいこうよ、という意味を多重に込めた名前なのだ(と、思う)。

(石井さん)「これ(美@NCA(ビアンカ)という名前)も主婦の方が考えてくださったんですよ。」
(私)「それだけの数の主婦の方とはどうやって交流、連絡していらっしゃるのですか?」
(石井さん)「ええ、いつもはネットワークでやってますけど、年に1度は県別に集まっていただいて直接お会いするんですよ。」

と、おっしゃてにっこりと笑われた。たやすくおっしゃっているが、都道府県は47もある。1年は12ヶ月しかないから、単純にいっても月に4つくらいのOFF会されていることになる。いただいた資料を見るとそのほかに月にかなりの数の講演活動もこなしていらっしゃる。しかも、お言葉どうり全国でだ。

ちょうど会場をでられるところだったので、これ以上お話はできなかったが、いつぞや書いた「麗しい澤」を刻む力強く、そしてたおやかな川の流れを目の当たりにしたように感じた。

ほんとうは、いつもの飲み仲間のように携帯で写真を取ってそのまま投稿したかったのだが、さすがに石井さんのように美しい女性に私のような中年が「写真とってもいいですか」とはいえなかった。ちょっと残念。

■追記 平成16年9月16日

いつのまにか石井さんがブログを始められていた。なんかものすごい量のコメント、まだ立ち上がって数日のはずなのにからんからんまわっているカウンター...す、すごい、すごすぎる!

・「仕事も家庭も自分の人生もすべて手に入るんです

|

« 手塚治虫と心中物 ~when a man loves a woman~ | トップページ | 街頭ジャズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石井美鈴さんとお会いした Be At NCA:

« 手塚治虫と心中物 ~when a man loves a woman~ | トップページ | 街頭ジャズ »