« [書評] 脱走と追跡のサンバ the show must go on | トップページ | SNSと「弱い紐帯」 the power of links »

2004年11月 3日 (水)

[恋愛論] 恋愛脳 love brain

先日、恋愛についての大昔の記事を怠慢にもそのまま再掲してから、A10神経のことをぼんやりと考えていた。なぜか「恋愛」のことが頭から離れなかった。そこで、この「ぼんやり」をまとめて以下のような図を書いた。

ご縁としか私には思えないのだが、この絵を書いた後に以前コンサルタントの太田啓之先生から「やる気を生む脳科学」という本をご紹介いただき、読んだ。著者の大木幸介さんは、日本におけるA10神経研究の大家なのだそうだ。

一応認知科学系の私としては、神経生理学についてはいっぱしのつもりだったのだがとんでもない思い上がりだったようで、本を読んでいるうちに目からうろこ状態になった。人間の脳がデジタル・コンピューター的な働きをする鞘につつまれた神経と、アナログ・コンピューター的な働きをする脳内物質と関係の深い鞘のない神経の2種類に分かれているということを知らなかった。そして、デジタルの方が言語も図形的な把握も含めて判断などを受け持ち、アナログの方がやる気などの情動や性愛に深く関係しているのだということもわかった。性愛と情動とやる気がたかだか3cmくらいしかない視床下部で隣り合わせになっていることも知らなかった。本文を少し引用させていただく。

 「性欲の脳と他の欲を出す脳が共存していることは、性欲の強い人間のほうがいろんな旺盛な欲を持っていることになる。『英雄色を好む』というが、色を好む人間は、他の欲も強いから英雄になるということだ。」 (p.57)

化学物質の影響をうけやすい鞘のないアナログ型の神経であり、やる気や性愛に特に関係の深いA10神経の一部は、前の記事にも書いたように、車のエンジンのリミッターあるいはブレーキともいえる自己受容体がないのだという。そして、大木幸介先生によればリミッターがないために過剰な神経活動が生じて人間の創造性が生まれたのだという。

創造性と性愛への欲望を考えれば、想像力のかけらもない大人がいま生きているのを見かけるように、生存ということにより根幹からかかわる性愛の方が先に発生したのは間違いないだろう。デズモンド・モリスではないが、「裸のサル」=「性愛にとちくるったサル」というのが人間の本質なのかもしれない。言葉を変えれば、とちくるってしまった性愛への限りないドライブの副作用でたまたま人間の創造性がうまれたのかもしれないということだ。

そして、我田引水のそしりを恐れずに言えば、性愛と想像性の先にあるのが恋愛ではないだろうか?もう私の書いた一度↑の図を見てほしい。この図を書いたときに、書いた解説を引用することを許してほしい。

なんというか、自分の脳内にある「相手」というイメージのまわりに神経ネットワークが一気に形成されてしまうのが恋愛ではないだろうか?そして、いわば超伝導の電流の代わりに相手への思いという情報が神経繊維に流れつづける。

あまりに強く、早く神経線維に「恋愛」という情報刺激が流れると、イメージをフェアライト・コアにして電磁石が出来て、相手への思いという強い磁場を発生させてしまう。そして、もし同じようなプロセスで相手にもその磁石が出来ていたりすると、発生した磁場で一気にお互いに引き合うか、一気に反発しあうか。

たまに、最初はN極とS極がつりあっていたのが、片方の電磁石の極がいれかわって猛反発したり...

イメージが膨らんでいく。

多分、相手への想いという想像力とA10神経による限りない快楽という閉じたフィードバック回路が思う存分活性化してしまったのが、恋愛という状態なのだろう。

もうあまり書くべききことがないのだが、いってしまえば「『恋愛』って一つの創発現象かもしれない。」と感じる。恋愛を例にとるまでもなく、脳の構造って単に神経がネットワークだからという意味を超えて、ネットワーク的な性質が組み込まれているのだと思う。脳がいかにネットワークなのかは、また稿をあらためたい。

ただただいまは脳と恋愛とイメージが私の脳をかけめぐっているのを感じるだけだ。

■参照リンク
恋の力学 三角関係編 by Jun Hirabayashiさん
恋愛とは覚醒剤をのむようなもの by 吉本隆明さん @ 文-体・読本
Love-able Computing: 愛するAI・愛されるAI by 河村竜幸さん、上岡隆宏さん via ありがとう by kinjoさん

|

« [書評] 脱走と追跡のサンバ the show must go on | トップページ | SNSと「弱い紐帯」 the power of links »

コメント

コメントありがとうございます。
恋愛もある種の「創発」かもしれませんねぇ。
ここのところずっと考えているのですが、そうしたデジタルとアナログな関係、ロゴスとパトス(?)な関係がいまいち見出せずにいます。
ロボットだと銅谷賢治さんあたりが頑張ってます。(「知能の謎」ブルーバックスより)
「やる気の脳科学」読んでみたいです。

A10っていうと某脳内革命で昔でてましたね (笑)

関係ないですが、人間の実生活においてあれだけ重要な恋愛が何故ちゃんとした科学として扱われてないかというとやっぱりそういう論文書くの恥ずかしいからだろうな~と思いました。AIにどう組み込むか気になるところです。

投稿: kinjo | 2005年2月21日 (月) 02時39分

kinjoさん、こんにちわ、

大変遅いレスをお許しください。

本当に「恋愛」ってなんなんでしょうね?最近思うのは、本当に全身全霊をかけた非常に全体的な現象なのだろうとは思っています。

これがAIとかで実現できる日が来るときは、きっと人間の全存在の構造が明らかになる日であろうと、希望的観測を含めて思います。

そうそう、今自分の記事を読み直して思いましたが、創発的な現象とフィードバックというか、分子発生生物学的な過程というか、相互作用による現象の進行、強化ということがとても大事な気がしています。この辺がダイナミックにシュミレーションできるようになったのが、最近のネットワークをめぐる議論や、経済物理学、カオス学(?)などにとって非常に大きい気がします。

20年くらい前に学生をしていたときは、相互作用に議論が及んだとたんに追求できなくなってしまうことを本当に嘆いていました。

「やる気の脳科学」面白かったですよ(笑)。

投稿: ひでき | 2005年2月23日 (水) 16時57分

はじめまして。

PeacePowers!さんでご投稿拝見しました。

「共産”主義”者」と「共産”趣味”者」の微妙な違い…と
言えば宜しいのでしょうか?もっとも後者は幅が広いのですが。
(ホントにネタ専門と、ホントのそれ系の方と)

投稿: 枇杷 | 2005年6月 7日 (火) 15時38分

枇杷さん、こんばんわ、

「主義」と「趣味」ですかぁ...なんかわかったような、わからないような。

これから「愛情はふる星のごとく」(ISBN:4006030762)を読もうかなと想っています。

岩波の思うツボな私です。

http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/09/_embracing_defe.html

投稿: ひでき | 2005年6月 7日 (火) 20時45分

はじめまして。

いつも楽しく読ませていただいております。yazcocuguと申します。

このようなことについては、事実がどうであるかというより、このように提示された情報が自分達にとってどう受け止められるかを考えた場合、すごくおもしろいですよね。

科学によって示された世界観によって何が得られるか。

投稿: yazcocugu | 2006年6月20日 (火) 01時20分

yazcocuguさん、おはようございます、

はじめまして、

なんだかんだいっても恋愛は恋愛なのだなと感じます。科学的知見は、やはり後づけの知恵にすぎません。素直に好きだと感じ、相手も好きだと感じてくれるように行動することがなにより大事ですよね。

ああ、そういう意味では科学的な知見というのも恋愛と同じかもしれませんね。思えば思われるというか(笑)。

投稿: ひでき | 2006年6月20日 (火) 07時10分

そうですね。面白いご返答をありがとうございます。

恋愛を創発ととらえるのはおもしろいですよね。全体は部分の総和以上。恋愛=想像の力+性愛+α(?)ってなかんじで、すべて還元できない固有の現象。

ある意味、認知学とか進化心理学って最高にロマンチックな愛の言語表現ですよね。還元しえないものを伝え合いたくて細心の注意を払って観察して研究してみる。しかし、その心は!「恋」なのでしょう。

投稿: yazcocugu | 2006年6月22日 (木) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [恋愛論] 恋愛脳 love brain:

» やる気 [kinjoblog]
久しぶりの認知系のわだい。今日、知人との会話で「やる気」について話題に登った。やる気ってのはどういうシステムなんだろうなぁと気になった。やっぱり生きていく上では必要だし、なんとなく現代にかなりはびこる根本的な問題でもありそうな気もする。また、組織という単... [続きを読む]

受信: 2005年6月 3日 (金) 21時42分

» 共産主義的に正しい恋愛 [Peace Powers!]
 異性に想いが届かず、枕を濡らす夜。  そんなときに私は、恋愛の原点に立ち返るべ [続きを読む]

受信: 2005年6月 7日 (火) 07時25分

« [書評] 脱走と追跡のサンバ the show must go on | トップページ | SNSと「弱い紐帯」 the power of links »