« 新ビジネス創出セミナー | トップページ | 対話、ネットワーク、そしてマッハの原理 Mach! »

2004年12月13日 (月)

nimさんの一撃 seven at a stroke

先日から、ネットワーク思考の根源はどの辺にあるのか、うんうんいいながら悩んでた。何人かのかたが指摘されているように、ネットワークに関する研究という学問領域はまだ確立されていない。別に私自身は確立されていようといるまいと、さしさわりはないのだが、ネットワーク思考に必要な思考のノードやリンクといった道具立ては、どこまでさかのぼれるのかという問題は、自分の立つ位置を決定する上でもとても大事だと感じてきた。そして、それはきっとかなり人間の実存の根源の側に近い気がしてならなかった。どこまでさかのぼることが可能なのか、竹田青嗣さんの現象学をテキストに考えていた。

  • 現象学は〈思考の原理〉である by 竹田青嗣さん
  • しかし、読めば読むほど、考えれば考えるほど、悩みはつきない。現象学の用語や、竹田さんの主義主張で混乱するばかりだった。それでなくとも物事を「必要以上に複雑」にしてしまう自分は、深い深い森のような概念の迷路にはいっていた。

    それでも、自分にとって必要な答えは、あっけないほど簡単にnimさんからいただいてしまった。

    「遮断する」

    この一言で、私の悩みはぶっとんでしまった。nimさんが企図されたのは、客観的なこと、自分の外のこと、自分があれこれなやむようなことなどは一旦遮断してしまえ、ということだと受け取らせていただいた。自分がいろいろな情報に翻弄されて生きることに齟齬が生じるのなら、一旦すべての情報を遮断してしまえばいい。自分自身が生きるのに必要なことは、どう遮断してもきっと自分に飛び込んでくる。私のようにいらないことばかり考え、悩むかことんど一切必要ないのだ、と。

    「究極なんでも極めると言うことは、自分を極めるってことなんだよね」

    もうnimさんのおっしゃるとおり!という感じだった。このnimさんの言葉をもって「以上、終わり」としてしまえば、私も少しは成長したことになのだろう。しかし、邪念でいっぱいの私はそれでもここにいたるプロセスを書きたくてうずうずしている。どんなふうに問題を考えていたかをこえからこのブログで書いていきたい。

    ■お詫びと補足

    nimさんご自身からここで取り上げさせていただいた会話についてメールをいただいた。私はものすごくnimさんのおっしゃることを自分の都合のよいようにとっていたことが分かった。やはり、良寛戒語ではないが「酒に酔いてことわりを言う」ことは厳に戒めなければならない。

    nimさん、ほんとうにごめんなさい。

    ん~、ちょっと前後関係違うかなぁ。
    遮断の話は、これだけネットワークが発達した人間関係の中で、これから一番必要な能力 は何か?
    ということだったと思うんだけど。
    んで、その答えが遮断。
    入ってくる情報に惑わされる事無く、真偽を見極めて取捨選択できる能力。
    その為に、情報を遮断できる、立ち止まれる能力が必要だという話だったと思います。

    まぁ、ひできさんの質問の意図の背景は、文中の様なことだったのかなとは思いますが。

    「究極なんでも極めると言うことは、自分を極めるってことなんだよね」

    って、こんなエラそうなこと言ったっけ^_^;
    話の発端は、自分って何?という話で、ありのままの自分全てが自分だと言う話と、
    そういう意味で自分を知るというか良いとこ悪いとこ含めて自分を受入ればいいんじゃな
    いの?
    みたいな話はしたと思うけど。
    究極なんでも極めるってのは、ちと文字だと嫌みだよぉ。
    おらは、そんなエラい人じゃないです。(泣)

    |

    « 新ビジネス創出セミナー | トップページ | 対話、ネットワーク、そしてマッハの原理 Mach! »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: nimさんの一撃 seven at a stroke:

    « 新ビジネス創出セミナー | トップページ | 対話、ネットワーク、そしてマッハの原理 Mach! »