« ミュージカルバトン | トップページ | [書評]貨幣の複雑性 ecology of blogs »

2005年7月 5日 (火)

人は変われないのか? revolution or devolution

最近、あるプロジェクトを傍観させていただく貴重な機会があった。そのメンバーの方々がどれくらいすばらしい活躍をされたか、いかに短期間ですごい結果を出したかということなどは、諸々の事情でここで書くことはできないが、非常に刺激的な体験をさせていただいた。ありがとうございます。

私なりにこのプロジェクトを概観すると、結局全くルールが存在しない荒野から新しい体制を自分で作るということができる人は非常に少なく、大半の人は今までその人がいた世界のアナロジーで新しい世界を見せてあげるて始めて、安心してはまってくれるのだということだ。ものすごく少数でも、荒野を自分で切り開いた人には、確かにそれなりの報酬があるように見える。しかし、大多数の人は荒野に出ようとしてもほんの一歩二歩歩き出してそこでとまってしまう。逆に、普通に人が社会で生活するような仕組みを与えてあげると非常に多くの人がそこここの道を歩き始める。多くの人が歩きはじめると、荒野を切り開いたときほど広い道ではないにせよ、多くの小道ができる。そして、このプロジェクトでは、後者が通る道が構造的にも社会の写像として捉えうることを見事に示していたように、私は感じた。マーケティング的に言えば、道具立てというか、そこで使われるテクノロジーは一緒でも、その見せ方、そのアナロジーの与え方が決定的なのだと知った。森さんのおっしゃるように人はやはり見たいものしか見ないのだろう。

「信じたい心」を増幅するネットワーク by 森祐治さん

もうちょっと言ってしまえば、テクノロジーが進んでも、そのテクノロジーが切り開いてくれた新しいレベルの人のあり方であっても、そこに集う人の特性の集合体でしかないということだ。言葉を変えていえば、人はそのテクノロジーを以前から持っている自分の枠組みでしか理解しないし、人は自分で自発的に変わろうとしないということだ。全く新しい環境に押し出されたときでも、人は見たいものしか見ない、行動して習慣になっていることしか行動できないものなのだろう。

そして、人はかなり早い時期に「見たいもの」の枠組みを作ってしまうように私には思える。場合によっては、一定の年齢を過ぎると一生そのものの見方を変える必要すら感じなくなってしまう。

人は見たいものを見る by 山口浩さん

なんというか、結論めいたことを書いてしまえば、テクノロジーの進歩そのものが人の行動を変えるというわけではなく、どういう人がそのテクノジーを使うのか、そのテクノロジーを使って変わろうとする少数の人がどれだけ影響力を持つかが、真にテクノロジーが社会を変革し、人の行動を変えうるかという試金石になるのではないだろうか?テクノロジーの導入時期が常にエキサイティングでなにか特別なことがおこりそうだと感じられるのも、そのごく少数の人たちが純度高く集まってくるからなのかもしれない。大多数がついてくるときには、大多数がフツーに所属している社会の反映にしかならない。

ちょっと唐突だが、蔵本先生は「新しい自然学」の中で、レンガつくりを例に出して「創発」概念を説明している。レンガの材料の特性、レンガの製造技術、レンガを積む技術、レンガを使って建物を作る建築家のそれぞれのレベルで、ひとつ下のレベルの特性にその上位のレベルは依存しているが、下のレベルから上位のレベルを導出することはできないということだ。

現実界は一般に階層構造をなしていて、上位のレベルにいくごとに下位のレベルの法則によっては表現できない組織原理が現れる。これを創発という。

ニュータイプとか、そんな大げさなことを言うつもりもないのだが、社会というネットワークの形はノードである人の形に確実に依拠している。そして、現代という常に新しいテクノロジーが生み出されている社会において、これまで学習してきたことを白紙にすることがとても大事なのだろうが、人はなかなか忘れることができない生き物なのだ。そんなことを今回のプロジェクトで実感した。この意味でも、生き物に寿命があって、生成したものは必ず消滅し、次の世代が活性化するという構造が理解できるように思う。

■参照リンク
タダ働きが世界を動かす by essaさん すばらしいな、すばらしいな。ほんとうにすばらしいな。
モヒカン族と社会契約説と国家主権 by さいとうさん
SNSって出会い系サイト?人脈管理ツール?それとも? by 徳力さん @ FPN
[個人サイト][ネット][SNS]コミュニケーションの可視化が起こす問題  @ ARTIFACT@ハテナ系

|

« ミュージカルバトン | トップページ | [書評]貨幣の複雑性 ecology of blogs »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は変われないのか? revolution or devolution:

» ラプラスの魔 [瀬戸智子の枕草子]
愚樵空論の愚樵さんは、[空論]命は尊い?と言うエントリーで、他者の命が大切か否か [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 13時14分

« ミュージカルバトン | トップページ | [書評]貨幣の複雑性 ecology of blogs »