« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月20日 (火)

[書評]ピーターの法則 peter revolution

4478760853ピーターの法則
ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也
ダイヤモンド社 2003-12-12

by G-Tools

先日の記事で、「パーキンソンの法則」と本書を取り違えるという失態を犯してしまったので、少々慌てて読んだ。

意外なことに並行して読んだスチュワート・カウフマンの「自己組織化と進化の論理」と本書がいくつかの視点を共有していることに気づいた。結論から先に言ってしまえば、本書で言う「無能(incompetence)」とはカウフマンの言う適応度地形におけ局所的適応という丘に登りきってしまった状態なのだと言えるのではないだろうか。

適応度地形(フィットネス・ランドスケープ)で捉える「適応」(Adaptation) by 井庭崇さん

私が理解できている範囲で、適応度地形を説明すれば、n個(対)の遺伝形質の組合せで、それぞれどちらをえぶかという状態を1か0であらわせば[10010011111]といった数列で表現できる。この状態毎に個体の環境における適応度が決められるとすれば、n次元の空間の平面で適応度を地形としてとらえることができる。そう、例えば鳥のように「翼がある」という属性と「骨が軽い」といった属性はかなり適応度が高い位置の組み合わせだろう。「赤い体毛」と「短いくちばし」では、あまり適度度に関係しないのかもしれない。「身体が大きい」と「足が長い」という組み合わせでは、逆に適応度が低いように想われる。

進化の過程において、局所的な適応の山に登ってしまった場合、一旦その適応度の「山」を降りなければより高い適応度に移行できないという難しい状態に陥る。「山」を降りるには、交配可能な遺伝プールの中でできるだけ自分と違った個体と遺伝子情報を交換し、次代には大きな「ジャンプ」を行うか、中間説ではないが突然変異を蓄積して丘をだらだらと降りていくしかない。部分的な適応度をさげるということは、どれだけ多くの個体の死に至ることを意味しても、大いなる進化の坂をより高くまで上っていくためにはしかたがない。

この辺の考え方を社会において十分に安定した「環境」である会社組織、官僚組織などに「挿入」すると、数々の「ピーターの法則」が導けるように感じる。ピーターいわく、「昇進は必ず無能に至る地位まで続く」という局所的適応の例、「強制上座送りという問題先送り」という遺伝的ジャンプ、「無能が無能を創るという自己再生産」という局所的適応からの脱出の困難さ、などなど。読んでいる間は抱腹絶倒なのだが、読後にかなり真剣に悩んでしまう言葉が多くあった。多分、いまの日本の状況は、本書の書かれた30年くらい前の西欧の状況と同じか、それより国民が素直でお上を信じている分、深刻なのだと気づきはっとする。そして、いま日本が直面している問題は決して日本独自の問題なのではなく、構造的に社会が成熟化、安定化すればするほど必然的に生じる問題なのだと気づく。

いや、それはまた別に論ずべき問題だ。

ここで注目したいのは、こうした観察から著者が「創造的無能」という生き方を提唱していることだ。それは、先の適度度地形で言えば丘の途中で踏みとどまれということだと想う。それははからずも、著者自身が「不思議の国のアリス」の「赤の女王」を引き合いに出して述べている状態だ。

「いいこと、ここにきたら、とにかく全速力で走り続けないと、今いる場所に残れないのよ!分かった?」

もしかすると、カウフマン達は既に本書を読んだからこそネーミングしたのかもしれないが、生物学でもライバル状態のまま共進化せざるを得なくなる状態を「赤の女王効果」と呼ばれているのだそうだ。

著者は、「創造的無能」という言葉で我々に問いかけてくるのは、果てして我々がいま社会的な進化として信じていることが本当に「局所的適応」でないのか、真摯に自らに問うことであると想う。

■参照リンク
組織の自己崩壊に関する研究 by kazamaさん

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月14日 (水)

考えるより行動する、行動するより楽しむことが強い laws of self organization

ある人が「考えているやるよりも行動するやつが強い、行動するやつよりも楽しむやつが強い」と言った。カウフマンにはまっている私としては、この言葉に感じるものがあった。

「楽しむ」ということはカウフマンの言う自己触媒的な作用だということであり、儒教の言うところの「礼楽」であり、時間的な展開で言えば音楽ということなのではないか。

考えること、想うことの相互強化的なプロセスについてはともかく、行動することの大事さについては私も日々実感している。まして、行動することが楽しくなると行動が強化されるということは、行動自体が行動によって強化されるということだ。うまく言えないのだが、「楽しい」というのは、心理学の行動主義でいうところの利益を得るとか、快楽を得るといった単純なものではないように感じる。マウスに与えられるエサなどという行動の「報酬」の強化作用ではなく、行動すること自体を楽しむことは、自己触媒反応と言えるのではないだろうか。

自己組織化&自己集合 - アニマル柄とチューリング・パターン by NANOELECTRONICS.JP

分子レベルと人の行動のレベルを単純に比較することはできないと分かっていながらも、大きな分子が自分で自分を触媒し、長くなったりつなぎ変えをしたりしながら、複雑をますます増していくという自己触媒反応のように、人の行動はさまざまな縁を生み、縁が楽しみをまし、より大きな行動を作っていくように感じられてならない。

この行動は、私に儒教でいう「礼楽」を思い出させる。儒教では「礼」とは秩序のことだ。儒教は如何に個人レベルで、国家レベルで秩序を保つかという学問であると私は想っている。しかし、どれだけ強調しても「秩序」だけでは秩序が保てない。厳格すぎる体制下では人が生きていけない。しかし、そこに楽があれば、礼という秩序を補完し、強化し、生き延びさせていくことができる。これは、固定的なものと命あるものとの比較でも同じことがいえまいか?国家体制を建物になぞらえることがあるが、実は堅固な建物であっても人間より長生きすることはまれだ。少なくとも、メンテナンスのない建物の寿命というのは案外短い。実は人の命の方が建物よりも長いというのは、自己組織化的だということであり、生きるという行動があり、「楽」があるからだと想う。

『中国の伝統美学』 @ 松岡正剛の千夜千冊

儒教の祖である孔子は、音楽を好んだという。音楽というのは、「音」の「楽」だ。単体の音でなく、連なる、重なり合う音が、「音楽」になる。音楽とは、「楽」を音で時間的にあらわしたものなのではないだろうか?単純なひとつの音が次々とつらなることにより次の音、その次の音と相互作用を生んで、メロディーになっていく。ハーモニーは、音と音との楽に違いない。互いに相互作用し、互いに生かしあい、互いに強化していくものだ。考えてみれば、音楽ほど、「礼楽」という秩序と自己組織的、自己触媒的な生成の力を人にわかりやすく表現したメディアはないのかもしれない。

デムパというそしりを恐れずもっと言ってしまえば、言葉と行動の関係と、分子レベルでの生物発生における遺伝子と生体の発生の関係は並行的なのだと想う。遺伝子が分子の密度を制御し、分子の密度がどの遺伝子のスイッチが入るかを決めることにより、ホメオボックスにそって身体が形成されていくという美しさを、行動と言葉に感じる。言葉は明確な行動を志向する。明確な行動につながらない言葉は言葉ではない。そして、言葉を行動することにより、また新たな言葉が生まれる。行動だけをひたすらやりつづければ、それは言葉に結晶化さざるを得ないのだと想う。そして、その言葉がより行動の本質を示し、行動を純化、強化、多様化させていくように私は想う。

分子発生学はネットワークの夢を見るか? (HPO)

そう、そんなことを感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月11日 (日)

衆愚的ということ、カオス的ということ democracy and chaos

カウフマンの政治体性の進化についての章に入りつつある。世の中は投票結果をまっている。その前に自分でこんなかなと思うことを少々書いておくのは有意義なことであろう。

4532147697自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法測
スチュアート カウフマン Stuart Kauffman 米沢 富美子
日本経済新聞社 1999-09

by G-Tools

NKモデルから予測されるのは、社会が成熟化の過程を迎え、リンクの密度があがればあがるほど線形的には予測しがたいダイナミクスが生じやすくなると言うことだ。つまり、従来的な意味での論理と知識の積み重ねでは社会の今後を予測することはできなくなる。まあ、これはネットワーク理論を持ち出すまでもなく、自分と同じ程度の知性のやつなんて電車で隣合わせになるくらいくさるほどいるわけだし、自分が先を予測するのと同様、その同程度かそれ以上の知性も予測を行い、行動を開始するわけだから、私ごときが全体についてうんうんするということはおこがましいとしかいえないことではある。

フラーとカウフマンの違い5:若貴相撲バブルの崩壊

そして、SYNCを持ち出すまでもなく、経済物理学を引合に出すまでもなく、貨幣の生成と崩壊を持ち出すまでもなく、多過ぎるプレーヤーというのは、ますますカオスの状態を引き起こし、線形の予測がつきにくさの度合を増すことになる。現象面から言えば、ベキ乘則の波への展開といえる1/fのように、社会の振幅がはげしくなるということだ。これは現在の買わせ相場を見てもらえば、わかりやすいだろう。つまり、人は集まれば集まるほど、リンクの密度があがればあがるほど、集合的な知性というよりは、集合的な愚になっていくということだ。

これを従来型の線形な知性の力業で乗り切ろうとすればなにができるか?たぶん、どのレイヤーをとるかを選択してNとして扱えるプレーヤーの数を減らすことだと想う。極端なことを言えば、二元論的対立に持ち込むことだ。Nのプレーヤーの差異が大きな変動要因にならないほど大きな違いが明らかになるレイヤーを選択し、分散力の大きな因子を振りかざし、むこうの岸とこちらの岸にわけてしまうことだ。

たぶん、小泉さんが今回の選挙で採用した戦略はここにあるのではないだろうと私は感じている。因子分析の言葉で説明すれば「郵政民営化」という非常に分散が大きな問題を設定したため、それ以外の問題の分散の大きさは相対的に無視できる程度になってしまっていると言うことだ。ここが、これまで権威をもっていたかもしれない線形の知性たちと線形なイデオロギーが無力化されてしまったと言う現象なのではないだろうか?そうそう、たしかくりこみ理論かなにかでモデル構成が一旦決まるとパラメーターの大きさによる差異というのは無視できるような構造が非線型な場合にみられると読んだような気がする。あ、あとでちゃんと調べます。。。

ま、一言でいえば小泉さんは当代まれなる度胸の座った博打打ちだと言うことだ。

■参照リンク
ブログをリアルで語る (HPO)
人は変われないのか? (HPO)
二〇〇五年衆院選挙結果 by finalventさん
[社会]自民が圧勝した理由はなんなんだ? by Dojinさん なるほど。一番納得しました。

■追記 翌16:11

finalventさんの論を読ませていただいた。ふーん、とうなっている。

それでも、今回の選挙がかなりシステム的なものからくるカスケード(雪崩)的現象であったようにまだ想っている。上述のようにNKモデルにおいて、ノードの状態を1か0の状態であらわされるN次元空間では、砂山がどどどっとくずれるよなカスケード現象がみられるという。どうもこの辺のシステム的な性質が今回の選挙で働いたような気がする。

一方、NKモデルでリンクが多すぎる場合や、非線形式で表される結果としてのカオスの状態では、パラメーターの初期値でまったく結果が変わってしまう性質が観察されるのだという。従前の中選挙区をモデル化しようとするとこうしたカオス状態のモデルに近いのではないだろうか?そして、あえて初期パラメータの影響が大きいという状態において一部の発言や、一部の思想が影響を大きく及ぼすことができるが、今回のような状態だと相転移的なグラフになりやすいと推測できるかもしれない。

いずれにせよ、選挙を非線形現象としてモデル化することは、↑の相撲モデルのように可能ではないだろうか?

いや、書いていて選挙は選挙として受け入れるべきかなという気もしてきた。仮に本当に小選挙区制度にシステマティックな性質があったとしても、小泉さんがそれを理解していたかどうかは、finalventさんが指摘しているようにはなはだ疑わしい。

ま、やはり小泉さんは稀代の博打打ちだということが本稿の結論であるということには変わりがない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月 6日 (火)

経営に役に立つ本? books for management

たまたま機会があって、自分の蔵書を整理してみた。今回初めて分野別に分けてみたのだが、思ったよりも自分は経営関係の本を多く読んで来たのに気がついた。私の身長ほどの本棚一本が埋まって、まだ床にはみ出している。本棚ひとつ分ビジネス書を読んでもいまの自分程度なのだから、いかにこの手の本が実践の役に立たないかを実感した。これ以外に、ビジネススクール時代の書籍がダンボール10箱くらいはどこかにしまってあるはずなのだが、まったくとは言わないが、ほとんど今の自分に役にたっていないことに気づく。

では、自分の今の行き方、今の商売に影響を与えてくれた本とはどんな本なのか?少し前につくったメモを参考にしながら挙げてみた。


479531912Xパーキンソンの法則
C.N.パーキンソン 森永 晴彦
至誠堂 1996-11

by G-Tools

確か本書の主な研究内容の発端は、著者の英国の海軍省の研究だったと聞いた。組織は常に肥大していく、という衝撃的な内容を含む本だと記憶している。原子炉の購入の会議でも、問題になるのは原子炉の本質的な経済的、環境的な効果なのではなく、数ペンスのねじの値段ばかりで、わかっているやつは発言しないとか、人の集まる組織についてするどい考察を加えていた。自分がいつか経営に携わることが全くイメージできないまま、「ああ、やっぱり人が集まると大変なんだなぁ」、と想っていたあの頃読んだ本だ。

4896190068月刊 選択
created by 飯塚昭男
選択出版株式会社 1975-

これはいまも続く雑誌なのだが、私を大きく変えた記事が多々あった。たとえば、学生のころ、「ニューアカ」のブームの到来についての記事を読み、浅田彰と中沢新一を知った。そして、いまの商売ではある意味必要条件だといわれている学部に進むのをやめて、全く関係のない学部に進学した。あるいは、本書の記事をベースに中国人と鄧小平が死んだとき中国がどうなるかを議論した。香港のビルの多くが返還以前から、軍の所有になっているという受け売りを披露したとき、えらく彼に関心されたのを覚えている。石油戦略についても007ではないが、かなり早くからカスピ海周辺のパイプラインの重要さを訴えていたように記憶する。すごい雑誌だと想った。これからもそう想い続けていたいと希望する。

4101152403峠 (上巻)
司馬 遼太郎
新潮社 2003-10

by G-Tools

今の商売に進む決断を与えてくれた私にとって大事な本だ。独自の普遍的な世界観を開きながらも、自分の運命を自覚し、故郷の防衛に準じた河合継之助の姿に本当に感動した。感動のあまり、生地から終焉の地までをめぐり歩いた。人の生き方の美しさをつくづく感じた。私の妻によれば、男の価値はその死に様で決まるのだそうだ。河合継之助のの生き方を想うと、めいっぱい生きれば、めいっぱい死ねるのだろうと改めて感じる。

まだ純粋さが至上の価値を持っていた学生時代だった。

4896190068王陽明研究
安岡 正篤
明徳出版社 1960-03

by G-Tools

河合継之助に興味があることをご報告したら、越川春樹先生から本書を薦められた。安岡先生は、20歳になるかならないかで本書を書いたという。王陽明が地方に飛ばされ、命の危機にさらされながら坐禅をするシーンに私は感動した。なんというか、中国の古典と仏教が並存して身近にある環境に私は育ったのだと想うのだが、その2つに架け橋というべき存在があることを本書を読むまで知らなかった。やっぱり、経営者になろうと想ったら腹なんだよね、と感じた青春の日々の貴重な読書体験だった。

4766780272世界最強の教育機関 ハーバード・ビジネススクールは何をどう教えているか―スーパーエリートはこう育てられる
佐藤 正忠
経済界 1987-03

by G-Tools


ま、私はハーバードに行ったわけではないのだが、読書体験を語る上で一応ビジネススクールについてコメントしないといけない。ビジネススクールに2年行くのも本書を読むのも10年もたてばあまり変わらないな、という自嘲をこめてここに置く。

私が修士号をいただいたのは、ワシントンD.C.にあるアメリカン大学という学校のビジネススクール(経営大学院)だった。米国の高等教育の標準化は非常に進んでいてあまり日本では名前の知られていないこの大学でも、コアカリキュラムと言われる会計、ファイナンス、マーケティング、生産管理、人事(HRM)、企業と社会(CSR)などの科目の教科書と教授法は非常にすぐれていた。なにせ微積分もろくろく知らない、経営に関する科目をとったこともない、貸し方借り方も分からないという学部卒の米国人などを卒業するときには、一人前にしてしまうのだから大したものだ。私はたまたま4年とすこし社会人としての経験を日本で積ませていただいてから入学したので、ひとつひとつの授業が非常に身近に感じられた。多少の奨学金をいただけるくらいがんばってちょうど2年で経営管理学修士(MBA)をいただけたのは、自分の誇りだった。

ま、それでも日本で会社の経営に携わるようになって役に立ったなと想うのは、会計などのごく基本的な科目であるように想う。マーケティングや不動産ファイナンスなどの知識も知識としては役にたったかもしれないが、知識というものが問われることは実際の経営においてかなり機会がすくない。実は経営のエッセンスというものは数字であり、その人自信のセンスなのだと思い知らされる経験をこの10年あまりで何度もした。この意味では、ビジネススクールはかなり無力であろう。それでも、あの時下手な英語で議論に切り込み、フロッピー何枚も何枚もレポートを書き続けた日々はまだ昨日のことのように感じられはする。

1568849427Doing Business on the Internet for Dummies (For Dummies)
Dummies Press
Hungry Minds Inc 1997-11

by G-Tools

本棚の整理で出てきてなつかしくページをめくってみてしまった。本書以後の私のネットへの認識は変わった。まだ、米国にいたときに本書と出会ってこれからはインターネットだと確信して帰国した。しかし、似た商売に従事している友人に会った時に、私はインターネットのビジネスにおける未来について熱心に話しをしたのだが、「うん?インターネット?なにそれ?お前の説明に説得力ないな。」と言われた。いやぁ、その時に助言を受けていなければ、雨後の筍のような日本のネットビジネスに入って、あっというまに淘汰されていただろう。やはり、本業が大事なのだと最近強く感じる。友人の一言にいまも感謝している。

本書の内容にもどれば、技術的な記述が多かったが、最後は信頼の問題がネットで問われることになるだろうということが冷静に書いてあった。サイトに訪れる方々、取引をネット上でやろうとする取引先、みなリアルで直接会わない関係であるからこそ、相手との信頼性が大事になる。だからこそ、信頼性を高める工夫がネットビジネスでは不可欠だと書いてったように記憶する。これは、ある意味どの商売でも真実であろう。そうそう、それでもネットに熱かった10年前のことだった。

4833416921六韜・三略
守屋 洋 守屋 淳
プレジデント社 1999-10

by G-Tools

本書を読んで、やはり術数というか、そういう面も必要なのだと、中国の文明の懐の深さを実感した。記憶違いかもしれないが、割と神秘的な術の記述と人の機微に通じたごくごく現実的な策略の手法の両面が載っていたように想う。この辺の混在がいかにも中国なのだという気がするのは私だけだろうか。いずれにせよ、人の世の複雑さ、人の企みのややこしさを実感していた頃の読書体験だった。

4103096101ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
塩野 七生
新潮社 1992-07

by G-Tools

もしかすると、こと商売に関して言えばこのシリーズが一番役に立っているかもしれない。シリーズ全体を通して本当に人の真実のあり方というのを教えてくれる。聖書なんていうのも、人のあり方のありのままの記述だと想うのだが、逆になまなましすぎてついていけない。塩野さんの文才と考察が特にカエサルに関するところで、光輝いている。ちょうどリーダーシップに必要な人のあり方を抽出してくれているように私にはおもえる。正直、私は守勢型の立場にいるので、実はカエサル後の皇帝たちの姿からも学ぶことが多かった。実は、ビジネス書の本棚の一番上にこのシリーズのこれまで出た全巻を置いた。多分、これからもいくども読み返すであろう本との出合いであった。

ああ、そう塩野さんの本は「チェーザレ・ボルジア」からはじまって実にリーダーシップを発揮しようとしている人には参考になる本が多い。ほとんど読んでいると想う。おすすめの作家だ。

4478460019トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして
大野 耐一
ダイヤモンド社 1978-05

by G-Tools


なんというか、ここまでくるともう執念という感じさえするトヨタ生産方式の生みの親の大野耐一さんの明快なご著書だ。企業における生産管理の大切さ、会社がつぶれてしまうのではないか危機感の大事さをまざまざと教えてくれた。サブタイトルの「脱規模の経営」とは、トヨタはGMに規模でかないっこない、ではどうしたらいいのか?、という深い諦念から生まれた大野さんの腹の底からしぼり出すような言葉だと想う。今月号の「選択」によれば、そのトヨタが数年のうちにGMを追い越して世界一の会社になるシナリオが練られているというのだから、商売というのはどう化けるか分からない。大野さんのこの危機意識をに今の自分は正面から取り組むべきなのだろう。

4382042690道元禅入門
田里 亦無
産能大出版部 1973-05

by G-Tools


気がついている人がどれだけいるかしらないが、本ブログのサブタイトルである「自己をならふといふは 自己をわするるなり」という言葉は、道元の「現成公案」の言葉だ。実は、経営と禅はかなり密接な関係にあると私は信じている。私は今、本書の著者である田里亦無 先生が開かれた会に参加させていただいている。まだ入門すらできずにいるのでここで書くことがためらわれるのだが、この会を継がれた佐藤無得先生とお会いするたびに蒙を啓かれるというか、新鮮な驚きを感じる。本書との出会いも、この会との出会いも人によってもたらされた。やはりご縁なのだなという実感が、私がブログを書き始め、べき乗則にはまる原因だった。禅と経営との関係をどう感じるかは人によって違うかもしれないが、私にとって禅は不可欠なのだと断言できる。



こう書いてみると、読書について経年的に書くということは、実は自分のこれまでについて語ることなのだと納得する。企図せず恥ずかしい自分自身をさらしてしまった。万一、どなたか商売を志す方に役に立つようなことがあれば、それは望外の幸せであろう。

■参照リンク
ピーターの法則 by 堀内 浩二 さん
「峠」から「菜の花」へ by あくびさん 私もきっといつか息子に読ませよう
安岡正篤 【経営倫理学用語辞典】初稿  by 曹操閣下さん
六韜(りくとう)をご存知ですか? by toritons  今度守屋先生をお招きします
無事帰宅 by usamiさん ごぶさたしてます。同じ感想を持っていてくださってうれしいです。
「トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして」(最近読んだ本) by yutahiroさん
仏教入門その4 by finalventさん
興味がてら読んでみるのもいいかもしれません  by 大西学さn

■お詫び 平成17年9月13日

お恥ずかしいのですが、「パーキンソンの法則」と「ピーターの法則」を記憶違いしていたことにいまごろ気づきました。

4478760853ピーターの法則
ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也
ダイヤモンド社 2003-12-12

by G-Tools

もうしわけございません。ただいま、名誉挽回のため鋭意読書中でございます。読了しだい「書評」させていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »