« [書評]悪人正機 (吉本隆明) let's get physical! | トップページ | [書評]チベットのモーツァルト echo of buddhism »

2005年11月21日 (月)

東京ブロガーカンファレンス 雑感 tokio blogger conference

catfrogさん主催の集まりに参加させていただいた。

第一回東京ブロガーカンファレンスのレポ 【全体的に人物説明追加】 by catfrogさん

楽しかった。あれだけブログ界隈で飛ばしまくっているcatfrogさん主催の飲み会であるにもかかわらず、ノン・ブロガーの妻(自称「成田のキョンキョン」)を軽く受け止めてくださるほど実に和やかな飲み会であった。ま、妻が切込隊長さんに枝豆を投げつけるという失礼があったことはこの場を借りてお詫びしておく。

しかぁーし!ディスカッション好きな私としては、ただただディスカッションあるのみであった。

まず、ガ島さんに「貨幣は生成することもあれば、消滅することがあるのではないか?ただただ積み上げた貨幣の山の方が、リアルの価値をうわまわっちゃうんじゃないの?日本の国債はデフォルトするのではないか?」としつこく絡んだ。絡みまくった。ガ島さんは「円なんてデフォルトしようと個人は関係ない。デフォルトするならしてしまえばいい。」と言い捨てて別件に逝かれてしまった。残念!

失意のうちにpalさんと仲良く、「やっぱり、日本の円って円を使っている人がちゃんと生産活動をして、価値を生み出しているから円の価値があるんだよね。これから少子高齢化とかで活力なくなったら、真剣やばいよね。お互いがんばろうね。」と語り合って、しばらくなごんだ。

と、そのとき切込隊長さんがひまそげにしているのを発見!強襲!

「やはりですね、『”俺様国家”中国の大経済』じゃないですけど、今って(市場が発達しているから)世界中からお金が簡単にあっというまに集まっちゃうじゃないですか。中国も投資のお金でGDPががんがん膨らんでいる感じがするし、一方で中国の奥地では物々交換されているとかうわさあるし。んで、日本円がいっぱいたまってもそれで何を買えるかが問題なんじゃないすか?いっぱいたまっちまったお金が一気に価値を失うことってありなんじゃないすか?やっぱり円の総体の価値って円を使っている人が円の価値を決めるんじゃないんすか?」

横から、danさんが「そうそう、『』くらいの単位の円があってもおかしくない。」【あれ、ちょっと趣旨が違うような...酔っ払っていて覚えていない...orz】と合いの手を入れてくれたにもかかわらず、切込隊長さんに「君は全然経済がわかってないよ。市場っつうのは期待でできているんだ。」といわれて撃沈!

そっか、そうだよね。お金って紙切れでかまわないわけだ。安冨先生のおっしゃるとおり「他人がほしがるもの、人が価値を認めるもの」でありさえすれば、貝殻でも、石でも、単なるシリアルナンバーでも、数ビットの情報でも、何でも貨幣の代わりになるわけだ。要は、市場という人々の期待の塊りの中で取引される価値がすべてなのだね。うーん。

例えば、今の中国とか、想いっきり人からの期待値が大きいから、GDPが投資の額でがんがん増えているわけなんだね。投資がストップした時には、ま、どうなるんだろうという疑問はさておき、商品や貨幣の流通が非常にスムーズな世界においては、実態ではなく、イメージ、イメェージ、イメェージが大切さ♪ということになるわけなんだね。そうですか、そうなんですか。

会が流れた後、タクシーにのったはずなのだが酔っ払いすぎて前後の記憶がかなりあいまい。いやぁ、でも切込隊長さんからすんごく勉強させていただいた気分。これってこういう書き方したくないけど、商売だって全く同じことなんだなって気づいてしまった。実態でなにをやっているか、会社の内部がどうなっているかということよりも、外側から期待されるイメージが大事ということになる。ま、そのイメージ、人から期待される価値を永いこと守るにはどうしたらいいかってのが、個人的な課題ではあるのだが。

嗚呼。

をっと、なによりも今回のカンフェランスの企画をやってくださったcatfrogさんに深く、深く感謝申し上げたい。酔っ払った私と妻がたぶん多大なご迷惑をおかけしたに違いないみなさんにもお詫びとお礼を申し上げたい。

ありがとうございました。またぜひ次回誘ってくださいまし。

■参照リンク
グーグル最後の日 by palさん

|

« [書評]悪人正機 (吉本隆明) let's get physical! | トップページ | [書評]チベットのモーツァルト echo of buddhism »

コメント

ご無沙汰しております。お元気でしょうか。
過日、勤務先のパリでの会議に出たら、ブログの話がずいぶん出てきました。組織としてブログもやっているのですけれどもね。グロガーの集い、すごそうですね。

投稿: koh | 2005年11月27日 (日) 00時27分

kohさん、おはようございます、


いやぁ、みなさんパワフルでした。妻も御存じの通りのパワー全開でした。

ちなみに、今回参加された切込隊長、山本一郎氏の「俺様国家、中国の大経済」という本を読んでいます。なかなか刺激的です。

ISBN:4166604694

投稿: ひでき | 2005年11月27日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ブロガーカンファレンス 雑感 tokio blogger conference:

» 第一回東京ブロガーカンファレンスレポ その2 [好むと好まざるとにかかわらず]
書き忘れがあったので追記。「一番遅れて大物感を演出した人をキングオブザ東京ブロガーとする」と書きましたが…栄えある「キングオブザ東京ブロガー」第一回受賞者は……ダイナミック大熊信士さんでしたー!いやー、しかしマジでいい男だった(多分栗先生超えてる)な。...... [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 22時11分

» ブッシュ大統領訪中のお土産は,ボーイング737 70機だったんですね [流転: Return to Forever]
Bush, in Beijing, Faces a Partner Now on the Rise と言って,格好良く北京で記者会見したブッシュ大統領。その訪中のお土産は,ボーイング737が70機だったんですね。 なんとなく品格を疑ってしまいますね...rtf In what appeared to be an effort to calm economic an...... [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 20時55分

« [書評]悪人正機 (吉本隆明) let's get physical! | トップページ | [書評]チベットのモーツァルト echo of buddhism »