« いただいた勇気 To Change | トップページ | 「博士の愛した数式」から耐震偽装に至る6次のつながり My Broken Love to Mathematics and Physics »

2006年3月 7日 (火)

腹が痛い...Internal Networks

私の今年の風邪は内蔵にくるらしい。本年二度目の腹痛にころげまわっている。ま、それでもいろいろな立場もあって仕事には出た。当然、仕事の効率は落ちる。通常なら平静にやり過ごせたかもしれない場面で少々感情的になったりする。

腹を抱えながらふと浮かんだのは、どなただかがおっしゃっていた「感情は内蔵に宿る」という言葉だ。自分の中であまり根拠のない絶望感を止めることができずにいる。以前、陰陽五行説かなにかで「木火土金水」と色、感情、内蔵が並べられているのをみたような気もする。内蔵の疾患の痛みとと爆発する感情とはなにか連関があるのではないだろうか。そう、この痛みは爆発を誘発する。

内因病証考 by 井上雅文さん

人体の法則性を明かす漢方の方程式「五行説」 by 古村和子さん

女たちは男が大した病気でもないのにこの世の終わりのような苦しみ方をするのを笑っているそうだ。ヒステリシスとかの語源を例に出さなくとも女たちの方がこうした原則を素直に理解しているのかもしれない。

なんというか内蔵というのはいわば0次のネットワーク、一番親しい友人なのかもしれない。このネットワークの中でべき乗則みたいのとか、SYNCみたいな現象とかがあってもおかしくないのかもしれない。この痛みと感情も近しい友人からのアドバイスと思って大事にしよっと。

■追記 翌日 AM8:20

お蔭様で回復しました。ご心配をいただいた方、ありがとうございました。下世話な話しですが、腸が回復するときっておならがいっぱいでるのですね。昨晩から恥ずかしいくらい腸が快調のようです。今朝はすっかり元気になり、やる気も回復しました。やっぱり、病気って全身のネットワークからくるメッセージなんですね。

|

« いただいた勇気 To Change | トップページ | 「博士の愛した数式」から耐震偽装に至る6次のつながり My Broken Love to Mathematics and Physics »

コメント

ひできさん こんにちは

大変でしたね。お大事に!

「内臓のはたらきと子どものこころ」(三木 成夫 (著))などもいいかも。嫌味じゃありませんよー、ハイ!(笑)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806745669/qid=1141722144/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-0466287-3283568

投稿: it1127 | 2006年3月 7日 (火) 18時07分

ひできさん おはようございます。回復のご様子。なによりです!

小ネタ、貼っておきます(笑)

「痛みの文化人類学」
http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/cs/cu/990315pain.html

投稿: it1127 | 2006年3月 8日 (水) 13時42分

it1127さん、こんばんは、

「試練としての痛み」ですか。納得するものがあります。

投稿: ひでき | 2006年3月 8日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹が痛い...Internal Networks:

« いただいた勇気 To Change | トップページ | 「博士の愛した数式」から耐震偽装に至る6次のつながり My Broken Love to Mathematics and Physics »