« テレビってなに? politocal correctness vs. politeness | トップページ | [書評]自己組織化の経済学 その2 ~動学マクロから履歴減衰~ Hamiltonian to Economics »

2006年4月14日 (金)

寿命が長くなると絶滅しやすくなる? Population Simulator II

前回頭痛のために途中でなげだしてしまったシミュレーターに手を入れた。シミュレーションの設定パラメーターのせいだとは想うのだが、個体が生きられるセル(場所)が限られているとすると、子を産める期間に比べて寿命が長い条件設定の方が長期的には絶滅の可能性が高くなるという結果になった。また、これはあたりまえだが、あまり突然変異が起こりにくい十世代程度の短い時間間隔で考えると、潜在的に高い出産確率を持った個体の子孫が支配的になる。

「generation-sim060413.xls」をダウンロード

例によってエクセルで作ったということが特徴かもしれない。VBですら使っていない。

以前まじめな日本の人口の推移のシミュレーションを作るのに、統計を調べていてわかったのだが、今の日本の状況を想定して考えるとほとんど平均寿命近くまで人は死なない。交通事故だの自殺だのあったとしても、全体の人口の比で言えば1%満たない確率でしか年代別には死なない。また、特殊出生率というのは、結局年齢に応じて変化する出産確率の積分値なのだ。

この前提を考えながら、シミュレーションでは、個体の寿命と出産可能年齢の下限と上限を設け、年間出産確率を一定とした。男女の別を想定するとかなり複雑になってしまうので、単性生殖または1セルには必ず男女1つがいが入いるものとした。

Gene01

シミュレーション中の数値の意味は上の図のとおりだ。結果、実際のシミュレーションは、ひたすら長いエクセルの表となる。

Gene02

やはり、図では見にくいので、ぜひエクセルの表を直接見て欲しい

全体を俯瞰しやすくするために、個体数の変化と時系列の特殊出生率の変化をグラフにした。

Gene03

実は隣合うセルにしか「出産」できないので、子が「成熟」するまでの間に自分自身は出産上限年齢を超えてしまうから、2以上の特殊出生率はあまり意味がないはずなのだが、異常に高い数字がたまに出る。計算をなにか間違えているような気がしてならないのだが、私にはエラーを見つけることはできなかった。

上の画像の青いグラフが個体数の変化を示している。グラフ中で、途中で0になっていることが分かる。想定寿命を80歳に想定するとかなりの確率で500年の間に絶滅してしまう。たまたま寿命を60歳に設定してみたら、かなり絶滅を避けることができた。80歳寿命と60歳寿命で20回づつの試行を行い、t検定、F検定をしてみた。詳しくはPDFファイルを見て欲しいのだが、有意な平均値の差が出た。

Gene05

「generation-sim060413-01.pdf」をダウンロード

もしかすると、左右2個体より多くの子を産めるように設定すれば、それだけ済む問題なのかもしれない。最大の個体数を決めてしまっているのが間違っているのかもしれない。それでも、今回の設定で言えば99%以上有意に年寄りは若い本来出産可能な個体が子をなすことを邪魔している。寿命を長く設定した試行では、年寄りばかりの集団になってしまえば、全体が絶滅する確率が高い。

次に、当初の個体の出生率の差がどうなるかを調べるために、特殊出生率の平均が1.3程度の集団と、突出して高い出生率の個体がある場合とでシミュレーションしてみた。

Gene04

分かりにくいとは想うのだが、徐々に突出して高い出生率を持つ個体の子孫の占有率が高まり、平均出産率が高くなっていく。当然だが、全体として個体数が増え、そして減っていくという通常のパターンの後に、高い年間生存個体数が対象期間を通じて続く試行が多かった。

Gene06

こうしたシミュレーションにおいて、試行を重ねると分布が正規分布に近似していくと仮定するのは危険ではあるのだが、寿命の問題と同様にt検定、F検定を行った。

「generation-sim060413-02.pdf」をダウンロード

Gene07

ま、これはあくまでも私が勝手に条件設定をしたシミュレーションの話だ。現実とどれだけ適合性があるのかは、保証のほどではない。ただ、もし現実に敷衍することが許されるのならば、現在進行している少子化の原因は、高齢者がのさばっていて若年層が子をなす余裕と空間を持たないということに起因しているということだ。また、子を産まないことがどんどんあたりまえになって行っているが、40歳を超えた出産でも、逆に10代の出産でも特殊出生率をなんとしてもあげることが大事だというあたりまえの結論に達する。逆を言えば、子をなさない個体の遺伝子、ミームは将来消滅し、子を多く持つ能力を持つ個体の遺伝子とミームが将来支配的になる可能性が高いということだ。

もし、誰かが私の発言が偏見に基く差別発言であり、不愉快であると言うのなら、自分の遺伝子、ミームを将来に残したいのか、残したくないのか、今の人生をただ楽しく生きれればいいというだけなのか、自分に問うて欲しい。それでも、自分は子孫を残すことに興味がないというのであるなら、私を非難してもらってかまわない。

■追記 平成18年4月17日

hiraxさん、お取り上げ頂きありがとうございます。なんかしゃれにならなくなってきたので、フォローを少し。

誰のための今日なのか? (HPO)

なんというか、お年寄りは大事にすべきなのだとほんとは想っています。「子ども叱るな、来た道ぢゃ。年寄り叱るな、行く道ぢゃ。」という言葉は、本当に身にしみます。私自身は、論語を暗唱させられるとかかなり儒教的伝統の中で育ったので、こういう記事を書くこと自体抵抗があるのですが、今の日本の閉塞感ってものすごいものがあって、その閉塞感のひとつの結実が少子化なのだという気がしてなりません。他にもいろいろ言いたいことはあるのですが、その辺はまたこのブログの中で少しずつ書きます。

■参照リンク
3年ではなく3世代必要な議論 by Danさん 

もはや犯人探しすらする余裕を、我々は失いつつあるのだから。

■追記 平成20年4月2日

なるほどぉ。やっぱり、そういう理論があるんだね。

家内:「Kに属する動物はケンカさせたら r より強いわよ。」

僕:「だろうね。」

家内:「だから限られた食物を奪い合うような状況では K は強いわ。でも K の弱点というのは例えば地球に隕石がぶち当たったりして気象が変化したりすると駄目なの。それは生命体の寿命が長いから急激に変わる外部環境に対して進化することで対応できないからね。」
参照

K

が日本の年寄りで、rが本来の若者たちなのかな。わびしい限りだ。

■追記 平成21年9月23日

「年よりが増えると若者が減る」ということを体得された方なのですね。

|

« テレビってなに? politocal correctness vs. politeness | トップページ | [書評]自己組織化の経済学 その2 ~動学マクロから履歴減衰~ Hamiltonian to Economics »

コメント

初めまして、yasuakiの新評論空間さんのところから参りました。
私自身、若年層に属する立場からしますと、自分自身、「この先自分たちはどうなるんだろう?」と折りにつれ考える立場としては、かなり慄然とするようなデータでした。

若者がうまく子孫を残していくためには子孫を産み育てていくための場所が必要なはずなのですが、現在の日本にはそんな場所の世代交代、なるものが齟齬を起こしているのだと思います。

高齢者が居座っている事もあると思いますが、少子化の場合は様々な経済的な要因・雇用の悪化もあって家族を持ち子供を産み育てる事自体が困難になりつつあるのかもしれません。

高齢者と若年層の共存は、国家レベル、民族レベルで考えた場合本当に難しい問題だと感じます。

>自分の遺伝子、ミームを将来に残したいのか、残したくないのか、今の人生をただ楽しく生きれればいいというだけなのか、自分に問うて欲しい。

この一文は、とても重々しい言葉でした。

投稿: ZAX | 2006年4月18日 (火) 02時04分

ZAXさん、おはようございます、

コメントありがとうございます。自分自身この結果をどう解釈していいのか、迷っております。ま、かなりシミュレーションのための制約の強いシミュレーションですので、「感じ」程度以上のものではないと想われます。

子どもを残すための「場所」、そして「余裕」、できることであれば社会全体が子どもを育てることへの関心がもうすこしあればとこころから願います。

投稿: ひでき | 2006年4月18日 (火) 07時24分

こんにちは、SENやんです、よろしく。
こんな面白いフリーソフト(寿命診断太郎)
を見つけました。あなたの余命は後何年?それを計算してくれます。

投稿: 無料のレポートなら・・・『無料レポート館』 | 2006年5月 6日 (土) 00時01分

面白いシミュレーションですね。
経済政策の一資料としてはとても価値があると思います。

ただ、
> 自分の遺伝子、ミームを将来に残したいのか、残したくないのか、今の人生をただ楽しく生きれればいいというだけなのか、自分に問うて欲しい。

これはいかがなものかと。
別に遺伝子の命令に従う必要はないのでは?
「創造主に背くことによって、この物語を完結させることができるのは私たち人間だけである」とリチャード・ドーキンスも言っていますし。

生物として遺伝子の命令がプログラムされていることと、社会/個人として命令に盲従することは別の議論と考えるべきではないでしょうか。

投稿: shumei | 2009年11月12日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14173/9591723

この記事へのトラックバック一覧です: 寿命が長くなると絶滅しやすくなる? Population Simulator II:

» 近くの国を知る、自分の国を知る [karari.net_weblog]
お隣さんの竹島近辺の示威(自慰)行為に対して、日本の今回の行動はまだまだジェントルだなと思う僕は政府の思う壺でしょうか。 ビジュアルで世界の実情を理解する(Going My Way) Population, population density, and geographic area estimatesはCIA Fact Bookの�... [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 01時25分

« テレビってなに? politocal correctness vs. politeness | トップページ | [書評]自己組織化の経済学 その2 ~動学マクロから履歴減衰~ Hamiltonian to Economics »