« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

水まわりの修理は?

決してTOTOのまわしものではありませんが、昨日いったショールームで、もうひとつ冊子をいただいてきました。「自分でできる水栓の修理・調節」と「自分でできるトイレの修理・調節」です。なかなか玄人なかせの内容です。工具をきちんと表示してくれているのもよいです。たまに個人の方から、水栓のもれなどでご相談いただくことがあるのですが、工具と部品があればその場で直してしまうことも可能です。工具も部品もないじゃないか!とお叱りをいただきそうですが、最近はホームセンターなどでかなり専門的な工具や資材を売っています。(TOTOのショールームさんでも、扱っているそうです!)ちょっとした知識と技術を身につけて、ぜひおうちの方からの尊敬の念を集めてみてください。

あ、もちろんプロの腕が必要な場合も多々あります。最近は、便利屋さんや24時間対応の設備ネットワークも増えているようです。ネットやタウンページで必ず見つかると思います。

TOTO 水についての素朴な疑問を解決します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

設計事務所との賢いつきあい方って?

笑角来福でPINAさんが、「「家を建てる第3の方法」あるいは「設計事務所の賢い使い方」」という記事を書いていらっしゃいます。これはごく実感のこもったご感想だと思います。

若干、我々建設関係者から見ると、自分の家を設計事務所を使って建てることの方が自然です。前にフランク・ロイド・ライトの本について書かせていただきましたが、まさに20世紀の代表的な建築家であるライトは、生涯で1,000件を超える建築のプロジェクトにかかわったといわれます。この中の多くは実は個人の住宅でした。

ちょっと前まで大手ハウスメーカーは存在していませんでした。しかし、必要があってここまで成長し、現在も存在しつづけているのだと思います。しかし、ちょっと前まで「普請道楽」という言葉が存在したように、建築というのは施主も設計者も施工者もいっしょに手間ひまをかけながら、ある意味楽しみながら、住宅の建設をしていたという歴史にぜひ、思いをはせてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニットバスルームってなに?

今日は、お客様とTOTOさんのショールームに行きました。目的はお客様のリフォームのキッチンを決めることだったのですが、あるパンフレットにくぎ付けになってしまいました。「TOTO BATHROOM WORK HOTEL & CONDOMINIUM 2004」です。多分、どこのショールームにも置いてあると思うのですが、とても美麗です、日本のホテルの内観を十分に堪能できます、ホテルなどの高級バスルームのコンセプトが理解できます、しかも、無料です!

詳しくはまた改めて書きます。

■参照リンク
TOTOホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレの場所って?

これは結構難しいけど、常識の問題です。

たとえば、どこかのビルやショッピングセンターに建築家といっしょにいったとしましょう。あなたもその建築家もその場所はまったく初めてだし、どのような間取りかは知らないとします。そこで聞いてみてください。「トイレはどこでしょうか?」そうすると、きっとその建築家は「ああ、たぶんあのうらのあたりですよ。」とか答えるはずです。答えられなかっ
たら...人の悪口はこのサイトでは言わないことにしていますので、ここでやめます。

これは、実は半分直感、半分合理性なのですが、建物の計画をやっているとぱっといった場所で、トイレがどこになければならないかが、見えてくるのです。不特定の人が出入りする建物では、特に一定の法則があります。オフィスビルはまず簡単です。貿易センタービルの事件の時に有名になったからご存じの方も多いと思いますが、必ずコアといわれる部分が存在します。オフィスビルでは、どうしてもエレベーターで上下しますので、エレベーターの区画はかならず地上階から最上階まで貫通していなければならないですよね?もっというと、トイレに代表される水廻りは、必ず上水といわれる普通の蛇口から出てくる配管と、下水、汚水といわれる排水溝から公共下水につながる配管が必要となります。ちょっとイメージしてみればわかりますが、これも上から下まで貫通していることが必要ですね。つまりは、トイレはエレベーターの必ず近くにあるということです。あとは、エレベーターの近くの目立ちすぎず、目だたなすぎない場所を探せばトイレがかならずあります。

商業施設もほぼこの延長線上にあります。さっきとほぼ同じ原理で、配管スペースや上下階のかさなりでトイレの設置できる場所がだいたいきまります。これはちょっと私の思いこみかもしれませんが、人の流れの屈曲点あたりにトイレをもうけている商業施設が多いように思います。あんまり人の流れがはやいところだと見逃してしまいますし、よくトイレを出たところで待ち合わせ状態になるので、流れのじゃまになります。ちょっと屈曲点で人の足をゆるめるところにトイレがあると、その辺がちょうどいい感じになります。また、最近の商業施設ではどのように人を誘導するかの矢印などのサインの計画がよくできています。この辺の計画になれた人だと、普通の人よりトレイのサインをみつけやすいということもあります。

オフィスと商業施設の話をしましたが、これは住宅でもまったくあてはまります。ぜひ、これは自分で考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンクリートのかぶり厚ってなに?

鉄筋コンクリート関係の仕事が多いせいか、私は結構聞かれる質問です。

かぶり厚といのは、鉄筋がコンクリートの表面からどれくらい離れているという距離です。なんでそんなことが問題になるかと思われるかもしれませんが、実は以前に書いた鉄筋とコンクリートのほどよい関係というのは、当然鉄筋が必要な強さを保っていることが前提です。さびたりすると、力を失ってしまいますし、爆裂という鉄筋がコンクリートの表面までつきでてしまったりする現象が起こったりします。これを防止するために、屋外に接するところで3センチメートル以上、地面に接する基礎では6センチメートル以上と建築基準法施行例67条に定められています。住宅金融公庫などでは、これよりも1センチメートル以上とることと定めているようですね。

このかぶり厚は、鉄筋コンクリートの強度と深くかかわっているので、検査などでは厳重にチェックされます。(エラーマニアルさんの

<参考>
鉄筋コンクリートってなに?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

木工のすばらしき世界

たまたま、ブログのサイトをいろいろ見ていて、このサイトにリンクしていただいているフォレストさんの「Re: Woodworking」におじゃましました。すばらしいです。木工をはじめるのにどこからはじめなければいけないかを、写真をいっぱい使って載せていらっしゃいます。また、学習机やいすなども自作していらっしゃいます。

たぶん、これで建築のことをフォレストさんが勉強されると家一軒作られてしまうのではないかという勢いですね。

また、寄らせていただきますので、よろしくお願いいたします。今度は、うちの大工もいっしょに...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

窯業系サイディングってなに?

いわゆるフツーのサイディングは、実は「窯業系サイディング」といいます。窯業系という意味は、コンクリート系の材料と繊維質の材料を、板状に加工したものです。軽くて、結構丈夫なので、盛んに使われている材料ですね。「窯業」というのは、その名のとおり窯(かま)で高熱処理するということを意味します。かなりいろいろな種類の色や柄があり、一件見た目にはタイル柄になっていたり、打ち放しそっくりなものまであります。

<参照>
NPO法人 住宅外装テクニカルセンター
サイディングってなに?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

消費税の総額表示方式って建築に影響するの?

はい、します。ただ、いまのところ徹底はされていない状況が続きそうです。

当面の総額表示方式は、いろいろな表示方法が各社によってとられていますので、決定版はありません。少なくとも、広告等に良く表示される「坪単価」、「建物総額」等については、総額表示の適用になるようです。これまでも見積り等では、かならず工事価格(本体価格)、消費税額、総額が表示されていたはずです。建築関係の見積りの総額というのは大きな金額になるので、総額表示方式がきちんと適用されているかどうかは、これから誤解のもとになりそうですね。

税抜き額、総額の文字の大きさについては、一応の指導はされていますが、完全に徹底はされていません。いずれにせよ今回の総額表示は罰則規定がないので、当分の間は少々の混乱が続く模様です。建築ではありませんが、かのJRまで混乱があるようですね。

<参照>
・財務省の広報ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅ローンってどうやって借りるの?

と、いうわりには安易な記事ですが...

最近、ローンアドバイザーとか、ローンセンターとか、聞きませんか?いくつかの種類があるようですが、銀行の一部門のようなそうでないような感じでローンの相談とか、手続きの手伝いとかしてくれるようです。あと、銀行だと多分法の規制で土日とかお店を空けられないのだそうですが、ローンセンターだとよいとか...微妙ですね。

インターネットのサイトで、金利の比較をしているところを見つけました。なかなかすばらしいですね。

E-LOAN

どうも、平成16年4月から各社銀行ローンをまた一段さげているようですね。今後金利があがるといっている人もいますので、いまが固定金利タイプの借り替え、新規借り入れ等のチャンスかもしれません。

<参考>
住宅金融公庫
三井住友銀行
りそな銀行
東京三菱銀行
UFJ銀行
みずほ銀行
財形住宅金融
年金住宅福祉協会
オリックス信託銀行>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »