« 書斎って? | トップページ | 辰野金吾って誰? »

住宅の建築の進め方って?

ずいぶん以前に、住宅建築の進め方について書きます、と宣言しながら、なかなかかけずにいました。なんとなく、頭がまとまってきたので、書きたいと思います。イメージしやすいように、住宅建築を例にとっております。

まずは、基本的なステップを箇条書きします。くわしくは、ステップステップで今後の記事の中で説明させてください。

1.基本計画を建てる:

どこに、どれくらいの大きさの建物をたてるか?必要資金はどうやって調達するか?どういう体制で建築をすすめるのか?、などをざっと考えます。なにごとも紙に書いたり、パソコンで絵にしたりするとイメージが広がるようです。一番イメージしやすいのは、人の家を見せてもらったり、自分の家族がいまどう家の中ですごしているか、困っているかを想像してみると、具体的になりやすいです。

2.住宅の設計図、プランを作る:

 その建物にどういう人がすむのか、何人なのか、必要な部屋は、部屋のおおきさは?また、どのような方法で建てるのか?たとえば、専門の設計者に頼むのか、ハウスメーカーなどにたのむのか、親戚の工務店に頼むのか?、といったことを決めておかなければなりません。ちなみに、住宅のプランをつくるだけでなく、住宅を建築するためには、建築確認などの許認可が必要となります。これはまず建築士の資格をもった専門家にたのむことになるでしょう。この仕事は、専門の建築士に頼むのか、あるいは、建設会社で建設まで一貫して頼んでしまうのか、悩みどころかもしれません。

3.住宅のコストの見積もりをとる:

 自分の決めた方法で、建物のコストの見積もりをとります。そして、そのコストが負担可能なのか、住宅ローンなどのファイナンスをどう申し込むのか、といったかなり具体的な問題が出てきます。場合によっては、工務店、建設会社、不動産会社などに依頼してしまうこともあるようです。また、最近ではコンストラクション・マネジメント(CM)という手法で、建物の建築をひとつのプロジェクトとみたて、全体をコーディネートする専門家も注目されています。見積もりを、CMに依頼してしまうというのも、ひとつの方法です。

4.住宅建設の契約を結ぶ:

 条件のあった会社、大工などに実際に建築を依頼します。工事費用、工事期間、支払方法、建築業者の瑕疵担保など、チェック項目がたくさんあります。設計者、コンストラクション・マネジメント、果ては親戚など、この段階でいろいろな方に相談する方多いようです。でも、基本は委託先との信頼関係だとは思うのですが...

5.工事がはじまる:

 実は、工事がはじまってからも、どのような形で建築工事の工程をチェックしていくのか、技術的な問題をどのように解決するのか、といった、「工事監理」といわれる業務があります。建築はなかなか専門性が高いので、設計者に依頼したり、最近では専門の会社もあるようです。

6.竣工:

 建築の検査、チェック、引き渡しの条件等を明確にしておくことが大事です。

7.メンテナンス:

 定期的な点検、雨樋や外壁などのちょっとしたメンテナンスなどが大事です。

かけあしで書いてきましたが、ちょっと思いつくところを書くだけでも、改めてかなりのプロセスがありますね。

私個人としては、建築というプロセスは、専門家をうまくつかって、自分自身が実現したいことを実現していくことが大事だと思います。建築は総合技術、総合芸術、生活総合です。ちょっとした木工、建具などから、住宅の構造にいたるまで、かなり専門的な知識、目がないと、理解できません。任せるべき所は、プロにまかせ、自分の意思をはっきりと持つということが大事でしょう。

ちなみに、住宅の建築プロセスに工事の側としてかかわっている者として、思うのは、お客様の意思が早く決定されていれば、たいがいのことは実現できます。一番手戻りになり、段取りが悪くなり、コストもかかってしまうのは、一旦決定されたことの変更ということです。こう考えると、一番大事なのは、具体的な建築の過程になるまえに、実際の完成した家をみるとか、工事現場を見てみるとか、具体的なイメージをしっかりもっておくのが大事なのかもしれません。

|

« 書斎って? | トップページ | 辰野金吾って誰? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の建築の進め方って?:

« 書斎って? | トップページ | 辰野金吾って誰? »