« スケルトン・インフィルの法制度ってなに? | トップページ | スケルトン・インフィル方式ってなに? »

「スケルトン定借」(つくば方式)とは?

スケルトン・インフィルの話しをするとよくでてくるのが、「スケルトン定借」です。つくば市にある建設省建築研究所が主導的に開発をすすめ、事例もつくば市内のマンションが多いため、「つくば方式」とも言われています。これは定期借地権の分譲マンションを作り、個々の家族が入居し、30年後にこれを地主が買い戻しますが、以後入居を希望する家族はインフィル部分だけを所有するというスケルトン・インフィル方式に転換します。この方式により、地主は自己資金なしで土地活用を計ることができ、入居者は希望すれば永続的にすみつづけることができ、定期借地権の持つ「更地変換」という社会資本的な無駄をさけることができます。非常に注目されいて、これからいよいよ普及しそうな気配があります。

「スケルトン定借」(つくば方式)普及センター

特集 スケルトン定借(つくば方式)(1) @  株式会社キューブ 非常に進んだすごい取り組みの紹介です。
特集 スケルトン定借(つくば方式)2 @  株式会社キューブ 

|

« スケルトン・インフィルの法制度ってなに? | トップページ | スケルトン・インフィル方式ってなに? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14173/1387069

この記事へのトラックバック一覧です: 「スケルトン定借」(つくば方式)とは?:

« スケルトン・インフィルの法制度ってなに? | トップページ | スケルトン・インフィル方式ってなに? »