« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

ファミリー・デザイン・ハウスの考え方って?

ここのところ、新しい住宅のコンセプト作りなどに取り組んでいました。また別途ホームページを立ち上げる予定ですが(一応本業なので、本業らしく作ります)、だいぶ考え方が固まってきました。デザイナーさんを含めて議論をし、やはりこれからの住宅は家族を中心にデザインされていくのではないか、と強く感じています。現代の家族というのも、かなり柔軟です。いろいろな形の家族がそもそもありますし、家族の形もどんどん変っていきます。家族の形、家族の生き方にあわせて変化できる住宅という考え方にたどりつきました。この考えを具体的に実現するために「スケルトン&インフィルの内外断熱壁式鉄筋コンクリート住宅」という長たらしいハードを用意しました。ここに生活をデザインするデザイン住宅の味付けをしていきます。

子どもを育てるときには、こそ子どもがすくすくと育つ住宅。パートナーと二人でくらすときは、生活をめいっぱいたのしめる住宅。当然、地震や火災にも強くなければなりません。

いま具体的にいくつかの住宅のプロジェクトが進んでいます。また、この場で、あるいは私どものホームページなどでご報告できれば幸いです。

■参照リンク

スケルトン・インフィル方式ってなに? (KEN)
[書評]こんな家で暮らしたい! (内外断熱住宅) (KEN)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »