« [書評]マンションにいつまで住めるのか | トップページ | 構造計算の二重チェックって? »

耐震偽装事件ってなに?

この問題を自分自身に問いかけられるところまで、ようやく到達できたように感じるので、すこし書いてみます。これまで、何度か一般的な話題として耐震偽装事件についてこのブログで本件についてとりあげてきました。

建築確認行政のIT活用ってなに?
[書評]マンションにいつまで住めるのか
構造計算偽造事件ファンドは不可能なのだろうか? (HPO)
[書評]倒壊 - 大震災で住宅ローンはどうなったか (HPO)

私がこの問題に関心を示して来たのは、この問題が建設業に携わるものとして避けて通れない問題であると言うことはもちろんですが、実は私はS氏が国会に提出したリストだとしてマスコミに流れているリストに載っている建設に関わりがあったので関心を持たざるを得ないという事情がありました。これとはまったく別に奇妙な個人的なつながりもあるのですが、それはここでは触れません。ただ、世の中の狭さを実感いたします。

当初は、一体なにが起こったのかすら理解できずにおりました。しかし、次第次第に今回の事件の全容が見えて来るにつれ、これは大変大きな、また根の深い問題であるということがわかりました。

まず、本件は建設業がいろいろな方々が所有されている建物の価値を底ざさえする機能を担ってきていたということを明らかにしました。私どもの業は、本当にお客さまからの信頼に永くお応えできる体制でなければならないということです。行政で確認をいただこうと、民間で確認をいただこうと、「確認」というのは「確認」にすぎません。そもそもあまり良い印象のない業界かもしれませんが、あくまで最終的なお客さまの建物の価値を創る主体、責任は、設計者であり、建設業者のものであります。ここが今回の事件において非常に軽んじられていることが私にとってとても悲しく、悔しいことです。

建築確認行政については、すでに書きましたのでこれ以上書きません。記事を書いてから色々なことが明らかになりましたが、基本的には今回の事件は法律を改正した時点で予防できた可能性が高いと感じています。ただし、事件がこれだけ大きくなってしまったことは、建設業界側の問題だと思います。業界にいる人間として深く恥じ入るとともに、この失墜した信頼をいかに回復したらよいか真剣に考え、努力していきたいです。

また、今回の事件を通して、業界の人間の常識、一般の方々の常識、そして、官庁側の常識の間に大きなギャップがあるのだと実感しました。建築の知識について、それぞれ常識とするレベルがあまりに異なります。特にマンション分野で大きな問題となっているのは、不動産販売業をふくめた業界側と一般の方との間で、公平な売買が行われるに足る知識が一般消費者の側で足りないのだと感じました。これも、もっともっと建築に関わる知識、考え方を一般にひろめ、教育する努力をしてこなかった業界側の問題ではあるのでしょうが、一部でこの知識の懸隔を利用して商売をされた方がいることを知りました。

知識の問題でいえば、特に「平米あたりの鉄筋量」という指標が取りざたされていることに違和感を持ちました。この指標はそもそもいかなる法律に定められものではありません。そもそも、話題になっているU氏が作られたという噂も聞きました。この呪縛の下にいるかぎり「経済設計」の真の意義は見えて来ないでしょう。今回このような形で問題になることは非常に不幸なことではありますが、鉄筋コンクリート建築物の経済設計は、そもそも20年近く前にある天才的ともいえる構造計算の考え方の革命からはじまりました。これは不世出のI先生が大変なご努力の末に創られたものだと聞いております。基本的には「ぶくぶくと構造体を太らせても、構造体が重くなって加速度の影響をますます受けるだけだ。構造体を強く軽くすることで、経済設計ができるはずだ」という発想であったのではないかと私は想像します。そして、この考え方は広く拡散し、現在建築されている鉄筋コンクリートの賃貸マンションのほとんどはこのI先生の設計思想の孫、曾孫という関係にあるように私には思われます。

私が関わった建築についていえば、そもそもマスコミなどが公表している数字は検算した限りでは大きく間違っているのですがそれはおくとしても、コンクリートの1立米あたりの鉄筋量は一般の建築物よりも多いということが検証されています。要は「強く、軽くする」ということです。また、いわゆる「非某元建築士案件」について、第三者の構造事務所により、オリジナルとは別の構造計算プログラム使って、再チェック、再計算できた事例もどんどん増えているということですが、この設計思想がなんら違法なものでもなく、特別の構造計算の専門家でないとできないということでもなく、十分に一般性があり適法で安全性が確保されたものだということの証明だと思います(ちなみに、私が関わった案件も安全性、適法性が確認されたうちのひとつです)。私が理解できた限り、既存の設計図面があり、構造計算書があったとしても、なにかのヒントを得て、よほど勉強しないと再計算できないのは事実ですが、一般に言われているよりも遙かに軽量で、鉄筋量を少なくしながら、強度の問題のない経済設計をすることは十分に可能だということです。ただし、この経済設計にはいくつかの前提があることも事実ので、大型のマンションなどでこの手法が使えるかどうかはかなり慎重な検証が必要であると思います。

それにしても、逆を言えば、某元建築士は自分の不勉強によりこのような大きな問題を引き起こしてしまったということを、命をかけてでも反省すべきであると思います。

いま話題になっていらっしゃる方々については、司直の手により是々非々が明らかになると思いますので、言明はさけます。ただ、私が個人的に感じているのは、当初この事件が発生したのは、いくつかの不幸な偶然が重なったからではないかと思っていますが、ここまで大きくなっていく過程にはなにか大きな力がはたらいているのではないかという疑問を持っています。一日も早く、原因や因果関係、背景などが究明され、建築業界のシステムそのものに改革が行われ、業界の信頼性が回復される日が来ることを願って止みません。

また、本当に一般の方々にもうしあげたいのは、マンションや戸建て住宅などを購入、建設されるおりには、本当に基本の部分から勉強された上で、お取り引きに臨まれることをお薦めいたします。

まだ、言い足りないような感じもしますが、一旦ここで筆を置きます。

|

« [書評]マンションにいつまで住めるのか | トップページ | 構造計算の二重チェックって? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14173/7916287

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装事件ってなに?:

» 耐震偽装は氷山の一角 [雑誌いろいろ雑感いろいろ]
放漫建築許す行政 日経ビジネス 2006.1.30 「一級建築士の偽装さえ起きている」 「民間解放が実施されたのは、自治体が自分たちだけではやりきれないと音をあげたからだ」 建築産業の実態、欠陥住宅、欠陥マンション、こんなことは前からあった業界の構造欠陥。 欠陥住宅..... [続きを読む]

受信: 2006.02.06 02:25 午後

« [書評]マンションにいつまで住めるのか | トップページ | 構造計算の二重チェックって? »