« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

[書評]飛躍する構造デザイン

4761522933飛躍する構造デザイン
渡辺 邦夫
学芸出版社 2002-09

by G-Tools

先日、本書を書かれた渡辺先生とお会いする機会がありました。いや、逆ですね。幕張メッセや東京国際フォーラムなど数多くの独創的な建物の構造計画を果たされたご高名な方なのに、私のような一介の建設業者に誠意を込めてお話をしてくださいました。一遍で大ファンになってしまい、本書を買いに走りました。

本書を読んでいるうちに、とにかく具体的な結果である現在の作品の現場を見たくて、仕事の合間を縫って東京国際フォーラムへ行ってきました。

Img068

これだけの空間が、2本の柱で支えられているというのは、本当に驚きです。

Img063

構造体が力のかかり方、伝わり方を反映しているという様子がよくわかります。

ネット上ですでに本書についての解説や対談がアップされていました。

東京国際フォーラム ガラスホール @ archstructure.net

飛躍したい構造デザイン @ 建築家フォーラム

構造は素人の私が付け加えることももはやないのですが、個人的な感想を書少し書きます。

本書を読んで、改めて私は構造デザインという、人の生きる場への数学的・工学的な解と美の追及がたまらなく好きなのだなと思いました。これは幕張メッセや東京国際フォーラムの具体的な構造デザインからばかりでなく、先生がフィボナッチ数と自然について触れていらっしゃる部分でも大変感じました。

黄金比ってべき乗則なの? @ HPO

私は技術者として2級レベルだし、数学も構造工学も生半可な理解しかできていません。しかし、構造デザインの「おっかけ」なのかもしれません。生半可な理解にすぎませんが、構造解析の分野で使われる数学一つとっても、美しさを感じます。多面体の美しさ、神秘も改めて感じました。

「博士の愛した数式」から耐震偽装に至る6次のつながり @ HPO

また、本書で渡辺先生はパリ博覧会のクリスタルパレスに触れながら、いかに構造の分野の発展が自然観察から生まれたかを書いていらっしゃいます。また、私の学生のころからの愛読書の「生命潮流」にも触れていらっしゃいます。私の手に負える範囲をはるかに超えますが、フィボナッチ数とまつぼっくりのかさの数とか、生体膜とドームとか、建築物と生物が同じ物理学的構造、数学的原理をもちうるのだとすれば、こんなに深い神秘はないでしょう。

4875020775生命潮流―来たるべきものの予感
ライアル・ワトソン 木幡 和枝
工作舎 1981-01

by G-Tools

本書を通して、あの渡辺先生の穏やかなほほえみの奥にある洞察と展望の深さの一端を感じることができました。 深く、渡辺先生に感謝したいです。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建設業の信頼性とは?

先日、桃知先生の「桃論」という本を読みました。ITの活用から現代思想、業界の現状まではばひろくい話題が詰め込まれていますが、本書の究極のメッセージは、「中小建設会社は本当に地元の方々から信頼されているか?また、建設会社はその大切さを実感しているのか?」ということだと感じました。

4767802008『桃論』―中小建設業IT化サバイバル論
桃知 利男
エクスナレッジ 2002-11

by G-Tools

私自身を含めて建設屋の社長は「地元のお陰で」とか「地元のために」とか公の場所で口にします。しかし、本当にどれだけこの信頼によって自分の商売が成り立っていることを自覚しているでしょうか?

私もこの業界の人間です。いくつかの会社さんの栄枯盛衰を見せていただいています。地域の建設会社が地元から離れてしまった時のもろさを見た経験もあります。

このまま成熟社会が続けば建設会社はどちらかというと「儲からない」業種になっていくのでしょう。しかし、地域、地元が繁栄していくためには地域独自の個性のある建築、メンテナンスは必須です。独自の建築、メンテナンスを安定して供給し、地域の繁栄に努力することこそが地域、地元の建設会社の意義ではないでしょうか?

「桃論」を読ませていただきこのようなことを感じました。学ぶことが多かったです。2002年の出版当時に本書のメッセージが真剣に受けとめられていたら、耐震偽装の問題はより被害が少なくなっていたはずだと、私は思っています。

■リンク
『桃論』:建設業の種的信頼 by 桃知先生

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハウスネットギャラリーってなに?

この度、ハウスネットギャラリーさんで私の会社をご紹介いただきました。

Hng060726

ハウスネットギャラリー

私はハウスネットギャラリーさんというのは、家やマンションを建てたいお客様と設計者や建設会社との間の「つなぎ」をしてくださる会社だと理解しています。ホームページにこう書いてありました。

家づくりはしっかりとした計画が必要です。右も左もわからないまま、展示場の営業マンにつかまってしまう… そして契約…。絶対失敗ができない家づくり計画的に進めていきましょう。

最近はさまざまな「ネットコンペ」を主催される会社さんが増えてきました。これからはレアものやアクセサリなどののオークションだけでなく、住宅までもネットで比較される時代がきっとくるのでしょう。

今回バナーまで掲載していただいていて、自社のホームページも出していない顔写真まで出てしまい、かなり恥ずかしいです。それもまた建設会社の社長を引き受けた自分のさだめなのだと受け入れます。

■参照リンク
住まいと暮らしを豊かにする日記 ハウスネットギャラリーの小野社長のブログです。
住宅をもっと知りたい人集まれ♪ ハウスネットギャラリーのインタビュー記事を書いてくださっている素敵な女性、池田さんのブログを発見しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »