« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

建設業界はオープンソースなのか?

表題の問いは「建設業界はオープンソースであるべきだ」という主張に読み替えるべきなのかもしれません。

さきほど、ある設計の方とお話しました。

「先日依頼主のある会社の社長さんと話していて、『建築するとき誰を信用していいかわからないんだよね』といわれた。この言葉にぴんときたね。いま、建築に対する信頼感って本当に失われていると想うんだ。」

ついさきほどまで散々議論をして、結局この社長さんが言いたかったのは、『建築について聞いたとき、誰でも同じ答えが返ってくるのでないとおかしい』ということではないかという結論に達しました。考えてみれば、建築に関する知見ってあまりにも孤立分散していて統一的な見解に達していないと思われる、工法をめぐる混乱や、仕上げ方法に関するよしわるしの判断が散見されています。

もう発覚してから1年が過ぎようとしている耐震偽装事件以来、建設に関する基準が実は一枚板ではなく、人によって基準が大きく違ってしまっているのだという事実が、一般の方に知れ渡ってしまいました。これまで構造工学、材料工学に基づき、厳密な設計により作られてきた建築は、ブラックボックスであっても非常に高度なそして完成された技術の賜物だと受け止められて来ていました。そして、実は細部になると意見をかなり異にすることが多いとはいえ、建築にかかわる人たちもそれなりの自尊心をもっていたし、それなりの尊敬受けていたのだと思います。

しかし、今考えると仮に耐震偽装が起こらなくても、建設をめぐる信頼はやはり崩壊せざるを得なかったのではないでしょうか?我が建設業界はももちさんが指摘されているように、これまであまりにもお客様からいただいてきた信頼をおざなりにしてきたと思います。技術、仕様なども「職人芸」の美名の下にあまりにも公開する努力を怠ってきました。

建設業の信頼性とは? @ KEN

考えてみれば、お客様の資産やご家族の命を預かる仕事です。どのような仕様で、どのような技術を使って建設の仕事をしているかは、もっともっと公開し、理解していただく努力をすべきでした。必要な情報を公開し、一般的な「常識」とすることでこそ永く守られメンテナンスされていくべきお客様の資産を作る責任を果たせるのではないでしょうか?

「職人芸」と書きましたが、さきの設計者さんから「日本の在来軸組みこそオープンソースの極みだ」という指摘を受けました。木造に携わった人なら誰でも知っていることですが、在来木造の尺寸モジュールは非常に人間のサイズに基づいていて、かつ木材を無駄なく使える標準寸法になっています。また、部材と部材をつなぎあわせる仕口も非常に標準化されているため、増改築もごく簡単ですし、木組みを一旦ばらして他の場所で再築することすら可能です。永く保存されている木造建築は、くさったところは切って、別の木をつなぎなおすとか、切って短くなった部材を別の部位で使うことなど、いまで言うサステナブルなノウハウがいっぱいでした。

仕口 @ All About

図解 「指物の継手と仕口」 @ 府中家具さん 家具の仕口なので、木造建築とは違います。

しかし、作り方は標準化され、「オープンソース化」していても大工さんの個性と技術の高さにより実に多彩な木造建築がこれまで作られてきたことは言うまでもありません。

もっとも、現代建築においても、鉄筋コンクリートだろうと、鉄骨造だろうと、ちょっとした本屋さんに行けば驚くほど多くの技術書が置いてあることに驚きます。真剣に建築を勉強する気になれば、いくらでも資料が手に入るのが現代です。そもそも、システムキッチンとは、「サイズ、高さ、接続方法などが統一されているため、どのメーカーのキッチン部品、部材でも相互に接続可能」なシステム化されたキッチンという意味だったのだそうです。決してメーカーを非難するつもりはありませんが、いくつかのメーカーのキッチン部品を組み合わせて使うという例は一般には決して多くありません。オーダーメイドのキッチンの魅力について語りたくなりますが、話題が逸れるので別の機会にします(笑)。

いま、インターネットを通じて標準化された自動車のパーツが取引されるように、もっと日本の建築においてブラックボックス化をやめて、オープンソース化することによりできることというのはいっぱいあるのではないでしょうか?また、それが社会に対して建設業界が信頼をとりもどし、冒頭の社長さんの言葉に戻れば「誰に聞いても同じ答えが返ってくる建設業界」となる一歩なのではないでしょうか?

そのための議論の場としても、将来の情報や部材の流通、遠くは建設会社の評判の共有化まで含めて、オープンソース発展にはインターネットが欠かせないと想っています。

あまりにまとまりませんが、この議論自体をオープンとしたいので、拙速ながら公開します。

■参照リンク
オープンソースの住宅建設と、フラーのダイマクシオン・ハウス by 金子 順さん
うわっ、愛用させていただいているG-toolの人だ!
なぜオープンソースで配布するのか? @ OKWave
Be-h@usによる保育園、小俣幼児生活団 @ mojix.org
Be-h@us とは? @ be-haus.com
すんごく共鳴します。やっぱり仕口が問題だったんですね。こうした運動を木造以外の構造体にも広げられるのではないでしょうか。

構造計算書公開=オープンソースマンション @ 圏外からのひとこと
なるほど。そういえば、出た時点で私はこの記事読んでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突き抜けた経営者って?

やはり、インパクトのある会社にはインパクトの経営者がいらっしゃるのだなと実感しました。日本型CMで有名な希望社さんの桑原耕司社長です。

Kuwahara01

希望社 トップの紹介

随分以前桑原社長のセミナーに参加させていただきました。なんかすごいとっぴょうしもないことを言う人がいるなぁというのが第一印象でした。建設業界はそんなに簡単にかわらんだろうというのが、正直な私の実感でした。

毎号毎号楽しみに読ませていただいている「飛翔」を読ませていただくに連れて、これは凄い人、すごい会社なんだなと次第に実感するようになったのはいつ頃だったでしょうか。今回の「飛翔 2006.9」を読ませていただいて完全ノックダウンです。まいりました。

建築情報誌「飛翔」97号を発行しました @ 希望社

記事の内容は、内定から入社の研修の内容なのですが、すさまじいです。なかなかこういうことはできません。しかし、現代における王道を行っているのではないか、新米ですが建築屋の社長をさせていただいる今、思います。小さくまとまることが社長ではないのだと、なにをしようと突き抜けるところはとことん突き抜けていくのが社長の仕事なのだと思いました。

ご自身が「働かせられない働き方」を目指してこられたことを述べた後に、こう書いていらっしゃいます。

ただやはり、これまでの企業社会がつくってきた、会社がなくて生きられない社員を、今後は会社を活用しながら生きる「自立した人間」に転換させていただきたいと思います。 それは、20世紀の価値観(会社と社員の相互依存)とシステム(雇用関係)に基いた「会社」を、「自立した人間」のために役立つまったく新しい集団(それは「会社」と言わないかもしれません)に変えていくということなのかもしれません。

衝撃を受けています。これから遅ればせながらご著書を読ませていただきます。

4569649610社員が進んで働くしくみ 「働かされない働き方」が強い会社をつくる
桑原 耕司
PHP研究所 2006-07-27

by G-Tools

桑原社長のほかの著作 (アマゾンインスタントストア)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

駅前と郊外が入れ替わる時って?

多分そう遠くない将来に、いやもしかすると「既に」かもしれませんが、駅前と郊外は役割が入れ替わるのでしょう。

たまに電車で移動するときに、駅の近くの分譲マンションがやたら目に付きます。そして、車でドライブしていると、市街地の周辺に巨大ショッピングセンターが出来ていることに唖然とさせられます。いつのまにか「駅前でショッピングして、郊外の家に帰る」というサザエさん的な生活スタイルは遠い昔のことになり、「通勤に便利な駅前のマンションに住み、週末に車で郊外のショッピングセンターに買い物に行く」があたりまえのものになってきています。

私自身が住む街は、歴史も古く商店街も奇跡的に現在機能しています。建築屋ですので、いくつも商店街の店舗の仕事をさせていただいてきました。それでも、周辺に少しずつショッピングセンターやデパートができ、しまいには超巨大なモールが来て人の流れも、車の流れも確実に変わってきているのを感じます。そんな中で旧来の商店街が生き残っていくのは、商店街の上の空間を利用して住む人の数を増やすことが基本だと感じます。

こうした流れの中では、街の魅力はなにかを自覚的に追求することがとても大切ではないでしょうか?「魅力」の追求には、決して同じ「正解」はありません。いままでなら「○○銀座」というような東京の模倣を地方の商店街で繰り返すことで、繁栄が約束されていました。これからの商店街の繁栄には、決して全国統一の一つの「正解」はありえません。

以前、長浜の話をすこしさせていただきました。

長浜の船浅さんってどなた?

長浜の商店街は一旦シャッター通りと言われるほどに商店街が荒廃したと聞いています。それが、「ガラス工芸」をキーワードに復活を遂げました。失礼な表現かもしれませんが、かなり強烈な個性を持った方がこの復活の指導的役割を果たしたと聞いています。

これから世の中の流れが加速し、ますます全国をまたにかけるフランチャイズのお店が増え、金太郎飴のようにどこにいっても同じ街並みが広がるのかもしれませんが、最後まで「建築屋の社長」としては街の個性を守るためになにができるか努力しいくことが自分の使命だと信じています。

ちょっと話がずれますが、私はこの世は人と人との絆で出来ていると信じています。以前、日本の人口がこれから減っていくときどうなるかとを考えていたときに、縮約していく社会の中では絆は分散するのではなく、より集中化していくだろうというイメージを持ちました。

べき乗の法則とランチェスターの法則

これまでの地域社会においては、人と人が安定的で濃密な絆で結ばれていました。これから人が少なくなっていく局面では、商店や会社の数も減るし、身近な人との別れも増えてしまうのでしょう。商店や人とともに安定した絆が消えてしまえば、残された人の絆は不安定な状態に陥らざるをえなくなります。それでも生きていくためには新たな絆を築こうとするでしょう。しかし、人の数が減っていく中では、新たに絆を築くにも選択肢は決して多くないでしょう。どうしても、縮約していく社会の中で既に大きな絆を得ている企業や人に集中そして、巨大な絆の塊りができるのだと私にはイメージされます。

最初の話題から外れてしまいましたが、極東ブログの記事を読ませていただいて非常に不安な気持ちになり、まとまらないまま思いつきを書きました。

改正中心市街地活性化法施行、雑感 by finalvnetさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »