« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »

指名競争入札制度は死滅するのか?

ももちさんのブログを読ませていただいて、小骨がのどにひっかっかったままのような気持ちがしてなりません。

絶滅危惧種へと向かう地方の指名競争入札。 by ももちさん

私は、市場原理に移行するときにやはりいくつか問題となる点があると考えています。これまで好むと好まざるとにかかわらず「談合」が野放しにされていたのは、それが品質確保の唯一の方法であり、十分な数の入札業者を確保、維持する唯一の仕組みであったからでしょう。市場原理に移行するとすれば、私は次の3つのポイントを十分にシステムに組み込むべきだ主張したいです。

  1. 予定価格設定にあったっての価格調査の適正化、市場価格反映のスピードアップ
  2. 瑕疵担保責任の期間延長とすべての工事実績と評価の公開
  3. 過去の実績と地域貢献を加えた価格評価

「1.」はつい先日単位業界団体の会長さんとも話したのですが、私どもからすると故意に価格の反映が先送りされているのではないかと思っています。公共予算の削減という観点と品質はバランスしなければなりません。ところが、予定価格の物価調査の結果の反映はたぶん年単位で行われている中、昨年の夏から現時点までで工事の最終単価で10%から290%は上昇しています。こうした悲惨な現状の中で、正常な入札がおこなわれるとは非常に思いずらいです。

建築工事単価、軒並み上昇・活況で熟練工不足 @ 日本経済新聞1月27日夕刊

確かについ先日までは公表された予定価格は十分に実行可能な工事積算価格を上回っていました。しかし、私が見聞きしている非常にマイクロな視点では、現時点では予定価格は既に10%以上下回っており、落札価格は実行可能な積算価格の70%以下の水準になっていると思います。これでは、品質の確保もあやういと思われますし、落札会社の存続も危ぶまれると考えます。

では、どうしたらよいかという視点で言えば、「2.」と「3.」ですが、これまでおざなり、なれあいでありがちだった瑕疵担保あるいは品質確保のボンド制度などを適正化した上で、実績あるいは技術力、地方への貢献などを加味した入札制度を構築すべきだと考えます。客観的な仕組みの構築が非常に難しいところですが、私は山口浩さんの入札制度へのリアルオプションの適用という考え方は非常に面白いと思います。

4916106938 リアルオプションと経営戦略
日本リアルオプション学会
シグマベイスキャピタル  2006-11


by G-Tools

もういまさらそんなことを悠長に議論している場合ではないという声が多いと思います。ももちさんの危機意識らも伝わってくるようにかなりまったなしの状態であることは確かです。ではどうしたらよいか?私は、現在国関係にとどまっている「公共工事の品質確保に関する法律」を地方公共団体まで早急に適用を広げることだと信じています。

『公共工事の品質確保の促進に関する法律』のポイント』 @ 四国地方整備局

建築屋の社長である私が口にすべきことではないのは十分に承知の上で言ってしまえば、決してこの法律も完璧ではありません。既存の中堅以上の業者さん達が集まって作った法律であるのはちょっと読めば十分にわかります。それでも、現状で体系的に品質の確保と最低限工事業者を「死滅」させない入札制度としては、セカンド・ベストだと思っています。

(地方公共団体の責務) 第五条 地方公共団体は、基本理念にのっとり、国との連携を図りつつ、その地域の実情を踏まえ、公共工事の品質確保の促進に関する施策を策定し、及び実施する責務を有する。

正直、これまであまり公共工事に興味を持っていなかったので、にわか知識、にわか理解ですが、書かせていただきました。一人でも多くの方の意見を伺いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

書評 月に響く笛 耐震偽装

いや、この本はかなり核心に触れていると思いました。

4903786005 月に響く笛 耐震偽装
藤田 東吾
imairu  2006-12-28


by G-Tools

ここに書いてあることが本当なら、多くのホテルの改修で使われたアラミド系の補強材や、限界耐力と保有水平耐力との二重基準の矛盾点を含めて、平成17年11月17日の国交省発表以前に、その後問題になったこと、対策を取られたことの多くは関係者の間ですでに論じられていたことになります。

「そうした情報をすべて知っていたはずの国交省は一体なにをしたんだろう?」という疑問をぬぐえません。

衝撃的だったのは、SBIの援助を受けて再構築を図ろうとしたイー・ホームズが、某マンション・ホテルグループの案件について告発を行ったとたんに例の増資をめぐる犯罪が告発されて、一転逮捕に向かったというくだりです。

実は、某ホテル・マンショングループで工事が中断している案件が近くにあります。

藤田東吾さんは、文章がうまいです。少々、体調を悪くしていたのですが一気に読ませる文章だったので、一日で読んでしまいました。

アマゾンで書評を書いてしまいました。建設会社の社長としてあってはならぬことですが、あまりに衝撃的だったので藤田さんを少しでも応援したいという気持ちで書きました。

なぜこの本が出版できなかったのか?

そして、この本を本屋で売れないのか?それほどまでにこの国の既存勢力は腐っている。

かなりまっとうなことだけを藤田東吾さんは書いている。

個人攻撃ではなく、システムとして腐っていることを明確に書いている。

それだけだ。

この本は多くの人に読んでももらい、行動を呼びかけるべきだ。

手遅れになる前に。

また新たな耐震偽装が明らかになったとニュースで報じられています。関係者の方は大変だと思います。しかし、国土交通省が動き出したのはこの本の出版が契機となったのではないでしょうか?日本はまだ見捨てたものではないのだと信じたいです。

■参照リンク



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »